手取り17万円の20代男性「ボーナスだって雀の涙しか出ません。賃金格差が残酷です」

画像はイメージ

手取り20万円以下の人たちは、日頃どのような生活を送っているのだろうか。月の手取りが17万円だという20代後半の女性(福岡県/サービス系/正社員/未婚)は、

「食費に2万円も使えない。将来生活できない。将来を考えると、収入のために好きでもない仕事に転職したほうがいいのか迷う」

という声を寄せた。ほかのキャリコネニュース読者の声も紹介していく。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは「手取り20万円以下の人」にアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/6V8RFE22

■ 「安くて学生の多いワンルームマンションに暮らしています」

不動産・建設系の会社で働く20代後半の男性(東京都/正社員/未婚)は手取り17万円。男性は現在の生活感について、

「地方出身のために安くて学生の多いワンルームマンションに暮らしながら、毎日満員電車に揺られながら出勤しています。営業職でストレスも多く、転職を考えていますが、コロナ禍で思うように進まず、いつの間にか2年が過ぎました。職がなければ実家に戻れもせず、だからといってこのままでは一生賃貸暮らし。将来の希望が持てません」

「ボーナスだって雀の涙しか出ません。賃金格差が残酷です」

と綴る。また、男性は給与から差し引かれる税金にも不満を持っており、

「何のために税金を搾取されるのか理解できません。無駄金を徹底的になくして、税金は本当に必要な将来投資に使ってほしいです」

と憤った。

手取り11万3000円でパート勤務の20代後半の女性(兵庫県/その他/未婚)は、

「借金や奨学金がそれなりの額なので、給与から支払額を引くと財布には2万円残ればいいほう。このコロナ禍で簡単に転職できないし、無職よりはまし。結婚できないのでは?という不安は常にある」

と語る。転職して今の生活をどうにかしたいと思っても、コロナ禍の不安定な状況がそれを許さないようだ。

関連記事(外部サイト)