テレワーク勤務でよかったこと「往復4時間の通勤がなくなった」「マスクをしないで済む」

テレワーク勤務でよかったこと「往復4時間の通勤がなくなった」「マスクをしないで済む」

テレワーク勤務でよかったこと「往復4時間の通勤がなくなった」「マスクをしないで済む」の画像

何事にもある、メリットとデメリット。テレワーク勤務を経験し、そんな両面性を感じている人は多いはずだ。キャリコネニュース読者からは、テレワーク勤務に対して「快適なこと・つらいこと」を挙げる声が寄せられている。

都内在住の40代女性(事務・管理/年収600万円)は、テレワークの際「マスクをしないで済む」と述べつつ、ノートパソコンが小型なことから「画面が小さくて作業効率が悪くなった」とコメントしている。ほかの声も見ていこう。(文:鹿賀大資)

「常に顔を突き合わせなくても良い」

兵庫県の30代女性(事務・管理/年収400万円)は、自分のペースで仕事ができる環境に快適さを感じている。とはいえ、メールやチャットツールでのやり取りには苦戦気味だ。

「丁寧に文章を組み立てても、こちらの真意が伝わっていないのかなと感じてしまう。Q&Aにならないことが多く、要するに会話が成立しない」

都内の30代女性(事務・管理/年収600万円)は「仕事の合間に育児や家事ができる」とテレワークの利点を挙げる。また「今まで通勤時間にかけていた分、睡眠時間が増えた」という。そうは言っても「在宅環境だとエンドレスに仕事を続けられるので、長時間労働になりがち」とのことだ。

大阪府の40代女性(事務・管理/年収350万円)は、出勤のストレスがない一方で「運動不足になった」と綴る。また「常に職場の人と顔を突き合わせなくても良い」というメリットと合わせて、「仕事で困った時にすぐに確認できない」とデメリットも書いていた。

「社内の他者の動きを把握するのが難しくなった」

一方で男性陣からも、通勤に関する声が寄せられている。埼玉県の50代男性(ITエンジニア/年収500万円)は出社する際、片道2時間かけて通っていた。しかしテレワークで「往復4時間の通勤時間がなくなった」と喜ぶ。しかし、自宅の周辺に飲食店が少ないことから、ランチに困っているそうだ。

千葉県の40代男性(正社員/年収800万円)は「通勤がない。家族と食事ができて、平日に通院もできる。子どもと遊ぶ時間を持てるし、家の仕事ができる」とテレワークのメリットを並べる。テレワークのストレスや負担については、

「業務時間の際限がない。顔を合わせてヒソヒソとした秘密裏の情報交換の機会が減って、社内の他者の動きを把握するのが難しくなった」

と述べている。社内のコミュニケーションについて、「顔を合わせるのが煩わしい」と不要に感じていた人がいる一方、情報源として利用していた人もいるようだ。

※キャリコネニュースでは引き続き「テレワークで快適なこと・つらいこと」のほか「会社や人事にバレたらヤバいこと」や「夫・妻に対する不満」などのアンケートを募集しています。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)

×