世帯年収600〜800万円の生活「私立中高の学費が高い」「車は買わず、無駄遣いはしない」

世帯年収600〜800万円の生活「私立中高の学費が高い」「車は買わず、無駄遣いはしない」

世帯年収600〜800万円の生活「私立中高の学費が高い」「車は買わず、無駄遣いはしない」の画像

日本の平均世帯年収は552万円(2019年厚生労働省調べ)。平均世帯年収を超える世帯年収600〜800万円人たちは、自身の生活についてどのように感じているのだろうか。同世帯年収層のキャリコネニュース読者からは、

「衣食住に不自由なく生活できているので満足。ただ、シングルインカムなので月々の貯金が詰めず、将来に不安がある」(東京都/30代前半/男性/既婚子ども1人/メーカー系/正社員/世帯年収750万円)
「子どもの塾代、住宅ローンが大きい」(山口県/60代後半/男性/既婚子ども1人/不動産・建築系/正社員/世帯年収700万円)
「子ども2人。中学受験塾と私立中学校・高校の教育費が高い」(大阪府/40代前半/女性/既婚子ども2人/流通・小売系/パート/世帯年収750万円)
「税金を沢山収めてるのにそれに見合ったパフォーマンスがなく、不平等を感じる」(群馬県/20代後半/女性/既婚子ども1人/その他/正社員/世帯年収700万円)

といった声が寄せられている。平均世帯年収以上の収入でも、教育費や税金を負担に感じる人が多いようだ。(文:コティマム)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

世帯年収800万円の男性「節約しながらも投資をしている」

「現在の世帯年収におおむね満足している」という声も寄せられている。

「都内の市部在住。車は買わず、無駄遣いはしていない。貯蓄もでき満足」(30代前半/男性/既婚子ども1人/メーカー系/正社員/世帯年収750万円)
「節約しながらも教育費にお金をかけ、投資をしている」(京都府/50代後半/男性/既婚子ども1人/メーカー系/正社員/世帯年収800万円)
「税金が高いです。田舎に住んでいるため車は必須。子ども4人の習い事にお金がかかり余裕はありませんが、やりたいことはさせてあげられているので不満はありません」(長野県/40代前半/女性/既婚子ども4人/その他/正社員/世帯年収800万円)

出費は多くとも、貯金や投資をしたり、子どもに好きなことをさせたりするゆとりはあるようだ。

「所得制限に引っかかり、己の力でなんとかしなければならない」

とはいえ、重くのしかかる教育費が、子育て世代の家計の負担となっている。京都府の40代女性は離婚後、シングルマザーで一人息子を育てている。女性の年収は700万円。一馬力で頑張っており、息子は中学受験を目指している。しかし女性の年収が教育費支援の所得制限に引っかかるため、息子の進学への影響を心配する。

「両親は他界しており、親族も遠方のため頼れる人は皆無。日常生活には問題ないが、進学すると費用がかさむことが心配。養育費は月2万円にも満たないため元夫は期待できず、所得制限に引っかかって公的補助ゼロ。己の力でなんとかしなければならない」

茨城県の30代女性は子どもが2人いる。女性はパート勤務しており、世帯収入は650万円。「子どもの塾代など、教育費や通学費用がかかり、この先やりたいことをやらせてあげられない」と嘆く。

「自分たちの保険の見直しをするなど、削れるところは削っているが、通帳残高はマイナスのまま。常に不安を抱えている」

平均世帯年収以上の収入があっても、教育費を考えると不安は尽きないようだ。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」などのアンケートを募集しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収1300万円の40代男性「普段はユニクロで十分だが、お出かけ時は割引品のノースフェイス」
「妻が働かない。離婚したい」世帯年収800〜1000万円、家族関係に不満がある人の声

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)

×