壮絶!ブラック企業体験談「泣きながら退職を懇願」「新入社員が初日で退職」

壮絶!ブラック企業体験談「泣きながら退職を懇願」「新入社員が初日で退職」

壮絶!ブラック企業体験談「泣きながら退職を懇願」「新入社員が初日で退職」の画像

パワハラやモラハラが横行しているブラック企業。厳しいノルマに追われたり、大量の仕事を任されたりして精神的に追い込まれていることから、社員の居心地はいいものではないはずだ。

20代女性が過去に勤務した会社でも「毎朝、朝礼で社長のありがたいお話を聞く時間があった」(事務・管理)と振り返る。「売り上げが悪いときは1時間近くしゃべる。社員に向かって機械以下だと罵倒する。気に入らない社員は朝礼で集中攻撃されていた」というから、相当な緊張感を強いられていたことがわかる。

今回は、そんな雰囲気の悪いブラック企業勤務の経験談をまとめた。(文:林加奈)

【壮絶!ブラック企業体験談】最新記事はこちらから

「先輩がすぐキレる人。いつも委縮して職場で過ごしていました」

40代男性はブラック企業でのつらい経験をこう明かしている。

「先輩がすぐキレる人で『しばきまわすぞ!』と暴言を吐いたり『おい!早くせえや!』と恫喝したり。自分の物真似をされて職場でさらし者にされたこともあります。他にも、休日の過ごし方や家族などの個人情報を聞いてくる人もいて、いつも委縮して職場で過ごしていました」(管理・事務職)

仕事においても「付き合い残業は日常茶飯事。服従しないと仕方がないと思い、飲み会などにも参加して長年我慢してやってきた」という。そんな雰囲気の職場に不安を覚え、男性は何度か休職を繰り返した末に退職した。「もっと早く辞めればよかったと後悔する日々」とも語っている。

女性社員が泣きながら懇願するように退職を申し出ていた

金融関係の仕事をしていた40代男性の職場も、相当な雰囲気の悪さだった。

「タイムカードはなく、有給休暇はあってないようなもの。体調悪くても必ず出勤しなければいけない会社でした。表向きは9〜18時勤務ですが、実態は7〜23時の強制労働でいつも終電ギリギリで帰るか、ホテルを取って泊まるかでした。休みも表向きは土日祝休みを掲げていましたが、毎月3回ほどしか休めず、土曜と祝日は必ずサービス出勤していました」(営業)

男性は在職中、昼休憩をとったことが一度もなく、早食いのように食べて仕事をしていた。その上、ノルマがきつかったため、上司からは1日に何度も暴言が吐かれる日々が続いた。

「毎日異様な空気のなかで仕事をしていたので、無論新入社員が入ってきても1年後には半分に…という感じ。中途採用の人なんか早ければ初日でサヨウナラの時も多々ありましたので、『社員間で新しく入ってきた人は何日続くか?』でクイズをして正解者には店長がお昼ご飯を奢ったりしていました」

そのような会社で居心地がいいはずもなく、「女性社員の中には泣きながら懇願するように退職を申し出ていた方も見た」とも男性は語る。男性も職場で退職の意向を伝えると引き止めの嵐だった。お偉いさんから「なんでやめるんだ!!」と怒鳴られたことも明かす。

ところが「体を壊して入院とかになると手のひらを返してあっさり退職を認めました。働けない奴らはいらないという考えだったようです。私も体を壊して退職できた口です」と男性は振り返る。

上記で紹介したブラック企業経験者はいずれもその会社を退職している。会社から人材が流出するのには、やはりそれなりの理由があるということだろう。

※キャリコネニュースでは引き続き「ブラック企業経験談」のほか「会社や人事にバレたらヤバいこと」や「夫・妻に対する不満」などのアンケートを募集しています。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)

×