「彼氏の方が多く食べるのに割り勘は納得いかない」という女性の悩みに同情の声

「彼氏の方が多く食べるのに割り勘は納得いかない」という女性の悩みに同情の声

「彼氏の方が多く食べるのに割り勘は納得いかない」という女性の悩みに同情の声の画像

男女が一緒に食事をする際、食べる量に差が生まれることは多い。「お悩み解決掲示板」では、大食漢の彼氏に悩んでいる人からの相談が寄せられた。投稿者の彼氏は大食漢であるため、外食時は会計を別々にするという。ただ、投稿者が手料理を振る舞ったり、総菜を買ったりなど家で食事をする際の会計は割り勘のようだ。

例えば、8個入りの巻き寿司は、投稿者が2個、彼氏が6個。手作りした30個の餃子は投稿者が7個、彼氏が23個と明らかに食べている量に差がある。「私がケチなのでしょうか 」と自己嫌悪に陥りつつも、納得していない様子だった。(文:石川祐介)

「元彼が爆食で一円単位割り勘が毎回で正直辛くなり別れました」という人も

この投稿に寄せられたのは、彼氏に批判的な声の数々だ。

「ケチではないですよ。たくさん食べるほうが多めに払う、当たり前のことです」
「自炊の時ぐらい払ってあげたら良いのにと思う。作って貰って、多く食べ、さらにきっちり割り勘。セコすぎて無理」

投稿者は「自身がケチなのではないか」と心配していたが、彼氏の方が多く食べているにもかかわらず割り勘で済ましているのだから「ケチなのは彼氏」という見方が大半を占めた。

そもそも投稿者が料理を作っており、食べる量に加えて手間もかかっている。仮に同じ量を食べたとしても、彼氏が多くお金を出すのが道理ではないだろうか。

「元彼が爆食で一円単位割り勘が毎回で正直辛くなり別れました」

別れを勧める人は多く、実際に投稿者と同じような状況で別れた人はいる。やはり、今後の関係に影響するほどに、彼氏の行動には大きな問題があるようだ。

家に呼ぶ回数を減らしてはどうか

また、投稿者に対する疑問の声もみられた。思っていることを彼氏にしっかりと伝えていない現状に対するものだ。

「多く食べてるんだから多めに出せと言えば良いと思うけど?」

疑問に思った行動がみられた瞬間に違和感を伝えないと、それが2人の当たり前になってしまう。恋人の言動や性格を許容することは大切であるが、何でも受け入れてしまっては長期的な関係は築けない。

「家に呼ぶ回数減らすとか家に来る時に何かテイクアウトで買ってきてもらうとかしたら」
「あなたの家で食事はしない方が良いですね。できるだけ外食して別会計。家で食べるならお弁当にする。惣菜も自分のと彼のと分けて、彼の分はレシートを渡して請求する」

家で食事する時のルールを提案する人もいた。まずは投稿者が抱えている不満を彼氏に伝え、どうすればお互いがストレスを感じないのか解決策を話し合ったほうが良さそうだ。【参照元:お悩み解決掲示板 https://onayamifree.com/】

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)

×