世帯年収800〜1000万円の生活感「贅沢はできませんが年2回の温泉旅行や週1回の外食は問題ありません」

世帯年収800〜1000万円の生活感「贅沢はできませんが年2回の温泉旅行や週1回の外食は問題ありません」

世帯年収800〜1000万円の生活感「贅沢はできませんが年2回の温泉旅行や週1回の外食は問題ありません」の画像

2019年の厚生労働省調べでは、平均世帯年収は552万円。世帯年収800〜1000万円といえば、比較的高所得な部類に入るが、彼らは日頃の暮らしについてどのように感じているのだろうか。同年収層のキャリコネニュース読者からは、

「必要なものは買いたい時に買えるので、お金に困らない生活が送れています」(福岡県/30代前半/男性/既婚子ども1人/その他/正社員/世帯年収950万円)
「生活していく分には困っていないが、将来の不安が拭えない」(愛知県/30代後半/女性/既婚/メーカー系/正社員/世帯年収1000万円)

といった声が寄せられている。(文:コティマム)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「旅行や贅沢品を控え、貯蓄する方向に頭が向かってしまう」

茨城県の60代女性は、世帯収入1000万円。「現在はコロナで自粛中だが、外食や旅行を楽しめ、孫の祝いごとを十分にしてあげられる余裕がある。夫婦それぞれに趣味も持てる」と語り、年収に不満はないという。

鹿児島県の60代男性は、サービス業の契約社員で世帯年主は900万円。「贅沢はできませんが、切り詰めた生活ではありません。年2回の温泉旅行や週1回の外食くらいは問題ありません」と語る。定年後、年金生活になることに「多少不安はある」というものの、「働けるうちは頑張って働くつもりです」と前向きだ。

同じく世帯年収900万円の京都府の30代男性。子どもが1人いるが、「コロナ禍でも収入を下げずに何とかなっている。食品、生活用品の値段は見ずに購入するイメージ」と生活には困っていない。

とはいえ、老後を考えると不安にはなるそうで、「旅行や贅沢品を控え、貯蓄する方向に頭が向かってしまう」と語る。男性は「年収900万円あっても、税金が高いので裕福とは言えない」といい、堅実な生活を送っている。

年収が上がり1000万円に でも「差額の収入はほとんど税金へ消えます」

子どもの教育費を考えると「余裕は感じられない」という人もいた。

「高校の授業料支援が受けられない。ただ年収が高いだけで住民税が高い。年収が高いのは、それなりの努力の結果なのに」(新潟県/40代後半/男性/既婚子ども2人/流通・小売系/正社員/世帯年収1000万円)
「贅沢はしていない。中学受験等を検討すれば余裕はなくなってくる」(愛知県/40代前半/女性/既婚子ども2人/メーカー系/正社員/世帯年収900万円)

宮城県の40代男性は3人の子持ちで世帯年収1000万円。以前は平均的な世帯年収だったが、世帯年収1000万円になっても生活が楽になった実感はないという。

「買い物は値引き品を選ぶし、ブランド物は買わない。満足している点は特にない」

世帯年収が1000万円となり不満な点は、「税金が高い。児童手当もない。就学支援もない。子ども医療助成もない」こと。「差額の収入はほとんど税金へ消えます」と嘆いている。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」や自分の性別がマイナスになっていると感じたことなどのアンケートを募集しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収1300万円、30代男性の生活「持ち家を購入して以来、昼は弁当持参。週末の外食も1人1000円以下」
世帯年収400〜600万円の生活「スーパーで半額惣菜、見切り品のお肉や野菜しか買えません」

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)

×