世帯年収1400〜1600万円のリアル「中古マンションを2800万円で購入」「子ども2人が私立。今後8年くらい毎年300万円かかります」

世帯年収1400〜1600万円のリアル「中古マンションを2800万円で購入」「子ども2人が私立。今後8年くらい毎年300万円かかります」

世帯年収1400〜1600万円のリアル「中古マンションを2800万円で購入」「子ども2人が私立。今後8年くらい毎年300万円かかります」の画像

家族構成や居住地域に左右されるものの、世帯年収1400〜1600万円の人たちの多くは、経済的に余裕のある暮らしを送っているようだ。同世帯年収のキャリコネニュース読者からは、

「極端な贅沢をしなければ、買いたいものが買え、食べたいものが食べられる」(熊本県/40代前半男性/その他/正社員/世帯年収1400万円)

「スーパーやコンビニでは値段を見ない。欲しいものは我慢しなくていい生活」(東京都/40代前半女性/金融・保険系/正社員/世帯年収1400万円)

という声が寄せられている。うらやましい限りだが、いくら世帯年収1400〜1600万円とはいえ、日常的に派手な贅沢を繰り返すのは難しいこともうかがえる。(文:大渕ともみ)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「贅沢は外食とゴルフくらい。普通の生活しかしていません」

都内郊外で暮らす世帯年収1500万円の40代後半男性(専門コンサル系/正社員)は「贅沢といえば、週1〜2回の家族との外食と、月2〜3回のゴルフくらい。そのほかは、普通の生活しかしていません」と打ち明ける。男性は、住まいについて、

「30歳のときに築25年以上の中古マンションを2800万円で購入。以来、ずっと住み続けています。住宅ローンと修繕管理費で月12万円くらいです」

と明かす。郊外とはいえ、都内で無理のない生活を続けるには、住居費をいかに抑えるかがカギなのかもしれない。

また、私立高校1年生と私立大学1年生の子どもがいるため、男性は「これから8年間くらいは、学費だけで年間300万円はかかる見込みです」といい、

「これまでで最も学費が高くなる期間。でも年収は十分あるので、何とか生活レベルを落さずに過ごせそうです。それに、昇給のチャンスもまだある。子どもたちの大学卒業後、老後の貯蓄に励みながら、余裕のある生活を謳歌できるように頑張ります」

と気を引き締めた。

「子ども3人揃って私立。3人の通学が重なっていた7年間は本当に大変でした」

千葉県の50代後半女性(その他/パート/世帯年収1400万円)は「今春、やっと住宅ローンを払い終えます。上の子ども2人は一人暮らしを始め、最後に残った大学院の息子も就職が決まりました。やれやれです」と安堵する。共働きをしながら子ども3人を育てるのは、苦労の連続だったことだろう。女性は、

「子ども3人揃って、中学校・高校が私立。大学を含め、3人の通学が重なっていた7年間は、住宅ローンの支払いもあったので、本当に大変でした。おまけに年3回、家族全員で九州に帰省する習慣でしたから。かなり家計を圧迫していました」

と振り返る。3人の子どもが巣立ち、女性夫婦2人きりの生活が始まろうとしている。これからは、ちょっとした贅沢も躊躇なく楽しむことができるだろう。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」や自分の性別がマイナスになっていると感じたことなどのアンケートを募集しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収1300万円、30代男性の生活「持ち家を購入して以来、昼は弁当持参。週末の外食も1人1000円以下」
世帯年収400〜600万円の生活「スーパーで半額惣菜、見切り品のお肉や野菜しか買えません」

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)

×