夏のボーナスが「ようやく200万円台に戻って嬉しい」と語る年収1200万円の女性

イメージ画像

画像はイメージ

ボーナスは支給額が大きいほど嬉しいものだが、多ければ多いだけ納める税金も大きくなる。キャリコネニュースの「夏のボーナス」をテーマにしたアンケートには、たくさん貰えたのはいいけれど、そこから引かれる税金に「なんとも言えない気持ちになる」という嘆き声が寄せられている。

※キャリコネニュースでは「夏のボーナス」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから。 https://questant.jp/q/5WFVGPWJ

■ 「昨年夏189万円→今年夏241万円」

東京都に住む40代前半の女性は、「企画・マーケティング・経営・管理職」。正社員で年収1200万円を稼いでいる。当然ボーナス支給額も高額で、去年との比較をこう書いていた。

「昨年夏189万円→今年夏241万円。ここ2年ほど業績が悪くて200万円を切っていたので、ようやく200万円台に戻って嬉しい」

業績が悪くてもこの金額とは羨ましい限りだが、独り身の女性には複雑な思いもあるようだ。

「でも単身だと控除が多くて70万円ほどは税金等で持っていかれるのがなんとも言えない気持ちになる」

と女性は不満を綴る。一般的に、家族を養っていれば扶養控除などで納税額が多少減額する可能性があるからだろう。ただ、女性の場合は年収の所得制限にかかり恩恵は少なそうだが……。女性はボーナスの使い道について、「50万円は住宅ローン返済。もしタイミングがうまくいけば海外旅行に行きたい(予算30万円)。残りは投資と預金」と明かした。

関連記事(外部サイト)