世帯年収550万円の30代女性「夫は一日1箱のタバコと、500ml 缶3本分のアルコールは減らせないとのこと。私は食費も削ってるのに」

世帯年収550万円の30代女性「夫は一日1箱のタバコと、500ml 缶3本分のアルコールは減らせないとのこと。私は食費も削ってるのに」

世帯年収550万円の30代女性「夫は一日1箱のタバコと、500ml 缶3本分のアルコールは減らせないとのこと。私は食費も削ってるのに」の画像

今の生活感を言葉で表したい時、人はどんな反応を示すのか。今回はキャリコネニュース読者から寄せられた、年収400〜600万円世帯の声を見ていこう。

神奈川県の某商社に勤務する、世帯年収550万円の30代男性は、夫婦と子ども2人の4人家族。「楽しみは週末のビール」とコメントする。

大阪府の40代既婚男性(正社員/世帯年収600万円)は、「子どもが2人います。今の生活に不満はなく、貯金も問題なくできていいます」と述べている。(文:鹿賀大資)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「子どもも幼児3人で、今のうちにためておきたいのに……」

世帯年収550万円の大阪府の30代既婚女性は「貯金は一応できていますが」と含みを持たせる。サービス系の会社で働く女性は、3人の子どもを育てるワーキングマザー。共働きにもかかわらず、夫婦で小遣いの額が違うことに不満を募らせており、「私は5000から1万円、旦那は5万円です」という。

「旦那は月の後半になると『お小遣いが足りなくなった』と言ってきます。1日1箱のタバコと、500ml 缶3本分のアルコールは減らせないとのこと。私は食費も削っているのに!子どもも幼児3人で、今のうちにためておきたいのに……」

「子どもを塾に通わせる余裕がなく、格安か無料の動画授業で勉強させています」

千葉県の40代女性(サービス系)も「夫は勤続20年ほどですが、給与も上がらず。退職金もないに等しいです」と切り出す。夫婦共働きで世帯年収450万円、中学生の子どもが1人いる。現在は中古で購入したマンションに住んでおり、立地は「駅から遠いです」という。また週3日のパートのほか、実母と義父母の世話を一手に担う女性は「毎日がヘトヘトです」とこぼす。

「買い物は格安スーパー限定。外食は月1〜2回で、安いファミレスか持ち帰り弁当です。幸いにも、お米などの食料は実家から少しもらっています。日用品を購入する際は、プチプラなプライベートブランド、もしくはセール品のみです。被服代は家族3人で、年間2万円が上限。ヘアカットは格安系の店舗に尽きます」

それ以外にも、格安スマホを利用したり、冷暖房をエコな温度設定にしたりと節約に奔走している。また、女性は「病気の時もなるべく市販薬。映画や音楽などの娯楽もサブスク利用のみです」と付け加える。子どもや教育費については

「塾に通わせる余裕がなく、格安か無料の動画授業で勉強させています。もちろんドリルは中古です。いくら高校無償化とはいえ、子どもが私立に通うようになると、その他の維持費用が厳しいですね。ほとんど貯金がない状態なので」

と述べ、「将来は不安しかありません」と綴っていた。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」などのアンケートを募集しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収1300万円の40代男性「普段はユニクロで十分だが、お出かけ時は割引品のノースフェイス」
「妻が働かない。離婚したい」世帯年収800〜1000万円、家族関係に不満がある人の声

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)

×