年収550万円の20代女性「社宅なので家賃は安いが毎月7万円の奨学金返済がキツい」

年収550万円の20代女性「社宅なので家賃は安いが毎月7万円の奨学金返済がキツい」

年収550万円の20代女性「社宅なので家賃は安いが毎月7万円の奨学金返済がキツい」の画像

世間には、独身者の生活感が気になる人もいるだろう。キャリコネニュースには、年収400〜600万円の独身者からの声が多く寄せられている。

鹿児島県の20代独身女性(正社員/年収550万円)は一人暮らしをしており、「社宅なので家賃が安い点は満足。ただ、毎月7万円の奨学金の返済はきつい。それでも今は大丈夫な範囲だけれど、将来が不安です」という。

埼玉県の40代独身男性は年収550万円の正社員だが、「介護を必要とする母と同居しています」と日々の暮らしぶりを打ち明ける。(文:鹿賀大資)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「月1回程度、100円の回転寿司をたしなむことも」

母の医療費や介護費といった支出を避けられない男性。そのうえ、住宅ローンの繰り上げ返済もしているという。それでも男性は「収入は自分の器量だから頑張るしかないです。家計のやりくりについては知恵を振り絞っています」といい、

「無駄遣いをせず、家計を圧迫しないようにしています。それで何とか暮らしていける状態です。毎月ギリギリの生活ですが、何とか一定額の貯蓄もできています。月1回程度、100円の回転寿司をたしなむこともありますよ」

とコメントした。

「貧乏性がメリットにもデメリットにもなり得る」

三重県の50代男性(年収400万円)は、サービス系の会社に勤務している。かつては結婚していた時期もあったが、現在は独身生活。不満はないものの、自身の性格について「余分なものには金をかけない癖が強すぎると思う」と明かす。

「周囲から『もっと食にお金をかければ』と言われることもある。実際、『誕生日だから、たまにはステーキで贅沢を』と思って出かけても、つい足がフードコートに。そこから食品売場に流れ、最終的には割引シールの弁当を買って帰るようなことがちょくちょくある」

男性は「貧乏性は、メリットにもデメリットにもなり得るだろう」と書いている。

福島県の30代男性(正社員/年収550万円)も結婚歴があるが「今は一人暮らしです」と述べており、

「コロナ禍により外食も減ったことで、逆に余裕が出てきました。ただ、平日はほぼ12時間労働で、土日は寝て過ごしてしまうパターン。このまま独身生活を謳歌しそうで不安です」

という声を寄せていた。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」や自分の性別がマイナスになっていると感じたことなどのアンケートを募集しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収1300万円、30代男性の生活「持ち家を購入して以来、昼は弁当持参。週末の外食も1人1000円以下」
世帯年収400〜600万円の生活「スーパーで半額惣菜、見切り品のお肉や野菜しか買えません」

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)

×