やりたい放題!会社を私物化する経営者「家族との高級レストランを交際接待費で落とす。最近はICカードのチャージ代を高額請求」

やりたい放題!会社を私物化する経営者「家族との高級レストランを交際接待費で落とす。最近はICカードのチャージ代を高額請求」

やりたい放題!会社を私物化する経営者「家族との高級レストランを交際接待費で落とす。最近はICカードのチャージ代を高額請求」の画像

残念ながら、上層部が公私混同している職場はある。中には、嫌気がさし、退職したという人も。キャリコネニュース読者からもそういった職場の経験者からエピソードが寄せられている。

20代男性(販売・サービス職)は「給料のピンハネがあり明細を求めたが、明細はないというあからさまなウソを言われた。家族経営なのでお金の使い道がすべて社長家族に吸収されている」と明かす。

他にも、会社を私物化している経営者にウンザリし、退職を決意したという声を紹介する。(文:林加奈)

「身内じゃない自分は新卒以下の給料、身内はSNSで裕福な生活風景をあげていた」

30代男性(技術職)は、従業員が10人もいない家族経営の会社で勤務していた時のエピソードを綴る。男性ともう1人以外は経営者一族だったという。

「仕事中も公私混同がひどくやりたい放題でした。会社の売り上げが少ないという理由で私ともう一人の従業員は給料が全く上がらず。売り上げが少ないと言いつつも、身内は会社の経費扱いでいい生活をしていて、さすがに我慢の限界で辞めようと思っておりました」

男性はある日、SNSで身内の従業員のアカウントを見つけたとき、一気に限界を超えたという。

「私自身30代を超えており、新卒の初任給以下の給料で必死にやりくりして生活しているのに、経営者含め身内の優遇されている裕福な生活風景をあげた投稿を見て今の職場に勤めているのがアホらしくなりました」

「普段社員を連れて行かないような高級レストランも交際接待費として費用を請求してくる」

管理・事務職の50代女性は、「会長が最悪で、この会長についていかないといけないと思うと自分があほらしい」と綴りながらも、今でも公私混同の会社に勤務している。

「有給休暇は入社して1年半たってから支給。それもたったの6日。毎年増えることなく、毎年ずーっと一緒。会長は売り上げが良くなったら自分の家族旅行、ゴルフ三昧。普段社員を連れて行ったことがない高級レストランに交際接待費という名の費用を請求する。最近は、キャッシュレス化に伴い、ICOCAのチャージ代をかなりの高額で請求してくる」

この会長は会社の経費なら好きなだけ贅沢してもいいと思っているのだろうか。会長による身勝手なふるまいはこれにとどまらない。

「社員は8時出勤のはずなのに、7時に来いと命令する。来なければ謎の遅刻となり、給与や賞与に影響する」

といい、公私混同・傍若無人な上層部に振り回されている現状を綴っている。

※キャリコネニュースでは引き続き「会社辞めよう」と思った瞬間のほか「不労所得がある人」や「モンスター新人目撃談」などのアンケートを募集しています。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)

×