世帯年収1800万円の男性「持ち家は1億1000万円の注文住宅。車はボルボのSUV」

世帯年収1800万円の男性「持ち家は1億1000万円の注文住宅。車はボルボのSUV」

世帯年収1800万円の男性「持ち家は1億1000万円の注文住宅。車はボルボのSUV」の画像

世帯年収1600万円以上の人たちは、どのような金銭感覚で日々を過ごしているのか。埼玉県の50代女性(正社員/世帯年収1800万円)は「夫婦共に、お互いの収入は大体しか知らないし、夫の貯蓄がいくらあるのか分からない。夫は実家に生活費を入れているらしい」と明かす。また家族構成が「3分割世帯」と複雑で、その詳細について

「4人家族だが夫は単身赴任中。子ども2人のうち、上の子は大学生で1人暮らし。今は私と下の子が一緒」

と述べている。今回はキャリコネニュース読者から寄せられた「世帯年収1600〜1800万円」の声を見ていこう。(文:鹿賀大資)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「会社員の友人と食事をすると『経費で払わないの』と聞かれる」

山梨県の30代既婚女性(メーカー経営/世帯年収1700万円)は、現在の生活感について「スーパーでは値段を見ずにフルーツなどを購入できます」という。それ以外にも「子どもは2人います。習い事の費用で躊躇することもなく、学用品を購入する時もケチケチせずに使います。車は、それなりに高価な新車を3年周期で一括購入」と付け加える。しかし一方で

「高級車と言っても、無難な国産車です。本当は乗りたい車があるものの、事業をしているため、世間体を気にせずにはいられないですから。会社員の友人と食事をすると『経費で払わないの?』と聞かれることも」

経営者としての苦労は、それにとどまらない。立場的に休みが思うように取れず「家族で外出する機会も少ないです」ともらす。また仕事上の付き合いで飲み会への参加が多いことから、「交際費がかさみがちです」とも書いていた。

「住宅ローンの金利よりも、株の配当金や利回りのほうが高い」

都内の50代既婚男性(金融・保険系)は、夫婦と子ども1人の家族3人で世帯年収1800万円。注文住宅に住んでおり、「土地、家、外構、家具、電化製品込みで、総額1億1000万円です」と続ける。

「住宅ローンは7000万円で、残りは外貨預金などを売却して準備しました。株も売れば、住宅ローンを組む必要もありませんでしたが、住宅ローンの金利よりも、株の配当金や利回りのほうが高い。そこに住宅ローン減税も加わりますから」

所有車については「3年前に新車で購入したボルボのSUVに乗っています」とのことだ。

ほかには

「車は持っていませんが、マンションは買いました。生活は少し余裕がある程度で、ごく平均的です。子どもは2人いますが、この人数なら生活も苦しくならないです。とはいえ児童手当は全カットで、高校無償化なども対象外。昇給をしても、年収800万円を超えたあたりから、ほとんど手取りは変わらない感覚です。頑張って稼いでいるのに、税金が高すぎです……」(40代既婚男性/長崎県/メーカー/世帯年収1600万円)

という声も寄せられていた。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」などのアンケートを募集しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収1300万円の40代男性「普段はユニクロで十分だが、お出かけ時は割引品のノースフェイス」
「妻が働かない。離婚したい」世帯年収800〜1000万円、家族関係に不満がある人の声

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)

×