コロナで転職を決意した人々「100%リモートワークできるのに"できない人もいるから"と出社を義務化」

コロナで転職を決意した人々「100%リモートワークできるのに"できない人もいるから"と出社を義務化」

コロナで転職を決意した人々「100%リモートワークできるのに"できない人もいるから"と出社を義務化」の画像

新型コロナウイルスの蔓延によって、会社の危機管理に目を向けるようになった人は多いだろう。感染対策やテレワーク導入をすみやかに実行してくれる企業ならば安心して働き続けたいと思えるが、そうではない場合、「このまま会社にいて大丈夫か?」と不安になってしまうかもしれない。

キャリコネニュースには、コロナをきっかけに退職を決意した人たちから体験談が寄せられている。(文:コティマム)

「新型コロナウイルスだけでなく防災意識も低い」

都内の40代女性はマスコミ関係の営業職として働いていたが、コロナをきっかけに退職を決めた。

「今回のコロナで、時短勤務の経理事務の方が退職。紅一点の営業担当である私は、本社に異動し営業と事務を兼任するよう打診された。15年いる場所を離れて新生活を送る不安もあるが、退職することにした」

15年間ずっと営業職だった女性。慣れない仕事を兼務するより、自分に合う職場を新たに探そうと決意したようだ。

IT関連職で働く都内の40代女性は、リモートワークに関する会社の対応や上司のITリテラシーの低さに幻滅。退職した。

「リモートワークが100%できる職種にもかかわらず、『リモートワークができない職種の人もいるから』とのことで、全員が半分以上の出社を義務付けられています」

不要不急の外出を控えるため、リモートワークできる人は実施すべきだろうが、この会社では「リモートワークできない人」に合わせているようだ。

「上司、幹部のITリテラシーも低い。今後大きく変わる世の中に、遅れをとることが容易に予測できました。新型コロナウイルスだけでなく、大規模災害などに対する防災意識も低い。危機意識が低いので、自分の身を守るために退職しました」

一事が万事だ。早々と会社を抜けた女性の決断は間違っていないだろう。

出社組の社員から社内用携帯電話を取り上げ、在宅のパート社員へ貸与

都内の30代男性は、事務・管理職の仕事を退職した。コロナ対応時における"上司の謎行動"が原因だ。

「上層部は『リモートワークをしなさい』と言っていたが、管理職がなかなか決断しなかった。緊急事態宣言が発令されても、なぜか上司は『リモートワークにする人と出社させる人』を選別しだした」

全員がリモートワークできないなか、男性も「出社組」に。さらに男性から社内用携帯電話を取り上げ、パート社員に貸与したのだ。その理由は「パート社員には子どもがいて出社が不可能だから」。

男性は「携帯電話を第三者に貸すなんて常識的にあり得ない」と振り返る。会社にも抗議したが、納得のできる返信はもらえなかった。

「メールには『急にコロナ禍の状態となったため、業務が多い方に一旦貸してください。パート社員には子どもがおり、無理にでもリモートワークが必要なためです。コロナが収まれば、またお持ちいただく予定です』とありました」

男性にも仕事があるので、携帯電話は必要だ。リモートワークになったパート社員には、会社から別の携帯電話を支給すればいい話に思える。

「携帯電話貸与の際の誓約書には『第三者に貸与しない』とあるのに。具体的理由も言わず、私にだけ出社を強要するのも納得できませんでした。することといったら、Excelでの担当業務一覧表の改訂ぐらい。自宅でもできる作業です」

男性はこの会社を退職後、新しい会社に転職し働いている。

※キャリコネニュースでは引き続き「新型コロナで退職を決意した人」のほか「電話対応が苦手な人、苦手だった人」や「努力は必ず報われる」?などのアンケートを募集しています。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)

×