ドラクエの遊び方で分かる"わが子の最適な勉強法" 4タイプ別に解説

ドラクエの遊び方で分かる"わが子の最適な勉強法" 4タイプ別に解説

ドラクエの遊び方で分かる"わが子の最適な勉強法" 4タイプ別に解説の画像

幅広い年代から愛されるゲーム『ドラゴンクエスト』。子どもがゲーム好きで心配している親御さんもいますが、子どものゲームプレイスタイルから、"どうすれば勉強のやる気を一気に引き上げられるか"がわかります。

なぜなら、プレイスタイルから、どのような性格や価値観を持っていて、ゲームにどのようなことを求めているかが見えてくるからです。今までもその欲求を勉強に当てはめ、一気に勉強のやる気が出たケースを目にしてきました。

今回は、ドラクエの遊び方から子どものタイプ別"最適な勉強方法"を紹介します。(文:「STORY CAREER」取締役 妻鹿潤)

レベル上げが楽しい子どもか、最速クリアが楽しい子どもか

ドラクエの遊び方はたくさんありますが、今回は4つに分けてみます。1つ目は「成長を楽しむことが好きなタイプ」。レベル上げをして新しい呪文や技を覚えたり、HPやMPが3桁を超えるとテンションが上がったりする、プレイヤーの成長を楽しむ子です。

逆に、トルネコの大冒険や風来のシレンで死んでしまってレベルが1に下がると一気にテンションが下がってしまいます。このタイプだと、勉強ができるようになること=だんだん強くなることだと意味づけて、いかに、勉強はゲームと同じだと認識してもらえるかが鍵となります。

勉強をドラクエだと思ってもらい、達成感を得てもらうため、「レベルアップ・進捗を見える化」してみてください。例えば、自分の達成度が一目でわかるような表を作り、単元をクリアするごとに表にシールを貼ってみてはどうでしょう。

このレベルに達したらこの呪文や技が使えるようになる、といった感じで「単語暗記や問題集をどこまで勉強すればテストの点数は何点になりそう」と伝えると、より"ドラクエ"感は増します。また、この目標点数も妥当な点数に決め、子どもが納得できるようにするのも重要です。

2つ目は「承認を目的にするタイプ」。街の人との会話などは最小限に留めていて周りの誰より最速でクリアして「凄い」と言われたい、ドラクエの話でマウントを取りたい子に多いです。「友達とどのようなゲームの話をしているの?」と聞くとこういった傾向が見えてきます。

このタイプは「点数を高く取ることで『凄い』と言われる」と思ってもらうことが重要です。子どもに「勉強をすると凄いって言われる、将来的にマウントを取れるんだ」と実感してもらうと勉強も捗ります。

例えば、点数が上がったらすかさず、親が「その点数はすごい!将来、◯◯になれるかもしれない!」と伝えてみてください。その子が周りの人にどう言われたいかを掴んで、わざとらしくなく言うことが大切です。

お願いできそうなら、塾の先生にも上記のような発言をしてもらうよう伝えるのもいいですね。ただ、あまりにも両者が近しい言葉やいつも使わない言葉を使うと"口裏を合わせているのでは"と勘ぐられることもあるので、注意が必要です。

YouTubeの学習動画も効果的に使う

3つ目は「自由さを楽しむタイプ」。「船やラーミアや気球で自由に飛び回るのが一番テンション上がる!」「新しい街を散策するのが楽しい!」という子は、教える勉強ではなく制限を少なくして「考える」「創る」という学び方が効果的です。

例えば、数学を教えるときなら、「この公式をつけると○○の意味になるよ。じゃあ別の方法だとどうすればいいと思う?」とゴールから考えてもらってみてください。英語だったら、「happyの前にunを付けると不幸という意味になるけど、他はどんなのがあると思う?」と自由に考えてもらいましょう。

語源から教えるのもいいですね。教える側がポイントを抑える必要もありますが、自由に考えてもらったあとに語感的な知識を補足すると、英語の語彙力・意味の類推能力も上がります。THE ENGLISH CLUBといったサイトでも解説しているので活用してみてください。

4つ目は「動きや変化を楽しむタイプ」。キャラクターの着せ替えを試行錯誤したり、攻撃やモンスターの動きなどの演出に興味が向いたりしている子です。この場合、学習範囲のYou Tube動画を一緒に見ることなどがおすすめです。

理科なら単元である天気や天体の動画を見たり、地理なら実際に景色や動きを一緒に見たり。動きや風景、面白そうな演出の動画視聴とともに、必要な知識を解説して頭に入れてもらうのが効果的です。

これ以外のタイプもありますが、今回は4つのタイプ別に効果的な教え方をお伝えしました。子どもがゲームに熱中している際には、「そのゲームのどこが好きなの?」と聞いてみてはどうでしょうか。そこから効果的な教え方が分かるかもしれません。

もちろん1つのタイプだけに収まらず、複数タイプに当てはまる時もあります。その場合は、特にどのタイプの性質が強いかを見ていってください。ひとりひとりにに適した効果的な勉強方法はあります。ぜひ試してみてください。

【筆者プロフィール】】株式会社STORY CAREER取締役 妻鹿潤(めがじゅん)

関西学院大学法学部卒。塾コンサルタント・キャリアコンサルタント・プロ家庭教師などを通してのべ1500人以上の小中高生、保護者へ指導・学習アドバイスを行う。

大手教育会社時代は携わった教室が10か月で100人以上の生徒が入会する塾に。しかし志望校合格がゴールの既存教育に限界を感じ、「社会で生き抜く力」を身につける学習塾を起業。40〜50点の大幅な点数アップを実現し、生徒のやる気を引き出すメソッドを確立。入塾待ちの塾となる。

現在はキャリアコンサルタントとして企業の採用支援、大学生・社会人のキャリア支援を行う。ほかにも塾コンサルティング、プロ家庭教師、不登校・発達障害の生徒の個別指導なども行っている。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)

×