世帯年収1200〜1400万円のリアル「首都圏30キロ圏内の郊外に4LDKのマンションを購入。贅沢はできません」

世帯年収1200〜1400万円のリアル「首都圏30キロ圏内の郊外に4LDKのマンションを購入。贅沢はできません」

世帯年収1200〜1400万円のリアル「首都圏30キロ圏内の郊外に4LDKのマンションを購入。贅沢はできません」の画像

日本の平均世帯年収は552万円(2019年厚生労働省)。その2倍を超える世帯年収1200万円〜1400万円の家庭はどのような生活をしているのだろうか。

千葉県の40代女性(コンサルタント/世帯年収1200万円)は、

「持ち家だが、ローンは完済したため、銀行からの借り入れはない。家電や生活用品は必要であれば即購入できます。近場の温泉旅行に月1回くらい行けていることは満足していますし、生活では不満はあまりありません」

と語る。今回は、世帯年収1200万円〜1400万円のリアルな生活に迫る。(文:中島雄太)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「親からの援助があるわけではないので、贅沢はできません」

埼玉県の30代女性(金融業/1300万円)は、夫と子ども3人で暮らしている。現在、子ども手当を5000円もらっているが、「今度の政府方針で無くなりそうなのが不安です」と続けた。さらに「首都圏30キロ圏内の郊外に4LDKのマンションを購入したので、住宅ローンがあります」と述べた。女性は現在の暮らしについて、

「親からの援助があるわけではないので、贅沢はできません。平均年収で親からの援助がある方が、いい暮らしをしている気がします」

と続けている。

大阪府の40代男性(金融業/世帯年収1300万円)は、3人の子どもを養っている。

「子どもはそれぞれ18歳、16歳、14歳で、長女は来春から医療系の大学へ行くため、学費に800万かかります」

男性は「税金もそれなりに払っている」としながらも、「高校も無償化の対象外になるなど、なんでも対象外になることが不満です」と胸中を明かした。年収1000万超クラスになると仕事も激務なことが多い。男性は、「休みも少なく残業も多い。平日は帰って寝るだけの生活。頑張ってきて収入も増えたのに、生活レベルは結婚したときより少し楽かなという程度」とこぼした。

「年収制限で国からの負担がなく、学費がつらい」

千葉県の40代男性(サービス業/世帯年収1400万円)は、3人の子どもと妻の5人で暮らしている。

「上の2人が私立中学に通学中なので教育費の負担が多いです。年収制限で国からの支援もなく、税金も高い。給与額の額面は大きいですが、その分負担も大きい」

と不満を述べた。男性はマイホームを購入し、「賃貸併用住宅にして家賃収入を得ている」としながらも、「その分住宅ローン残高が7500万円もあるので、まだまだ長い戦いが残っています」とこぼした。

神奈川県の40代女性(サービス業/世帯年収1300万円)は、夫と飼い犬2匹とマイホームで暮らす。

「マイホームを建てたため、愛犬2匹と生活に困らず生活できています。基本は日々、自炊をしていて、最近はお弁当を作ったりもしていますが、外食や出前も特にためらわずに利用しています」

女性は不満な点は特に無いとしながらも、「税金は結構もっていかれるので、世帯年収として想像するより全然余裕はなく、普通の生活をしています」と続けた。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」や「会社や人事にバレたらヤバいこと」などのアンケートを募集しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収1300万円、30代男性の生活「持ち家を購入して以来、昼は弁当持参。週末の外食も1人1000円以下」
世帯年収400〜600万円の生活「スーパーで半額惣菜、見切り品のお肉や野菜しか買えません」

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)

×