今年もうなぎが高い。年々増える代用蒲焼きの珍アイデア

写真:筆者

2022年は「土用の丑の日」が7月23日と8月4日の2回ある。うなぎを食べるにはもってこいの年だが、困るのは肝心のうなぎが価格高騰していることだ。東京中央卸売市場のうなぎの平均価格は、1月時点では1キロあたり3848円だった。しかし、5月になると5040円に上昇。5月としては、記録的な不漁だった2019年の5179円に迫る高値となり、現在も高止まりが続いている。

ちなみに、総務省の統計によると、調査を開始した1970年には250円だったうなぎ蒲焼き100グラムの価格は、年々上昇。2010年には855円となり、2015年1月には1172円まで上昇。2022年6月時点では1286円となっている。(取材・文:昼間たかし)

■ この値段をコンビニで支払う勇気は?

さて、原材料が高くなったら、小売価格も上がるのが当然。実際、ローソンのうなぎ2匹を使った「うな重特々上」は4514円(税込)、セブンイレブンの「炭火焼上うなぎ蒲焼重」は4298円(税込)もする。どちらも催事の予約商品だが、通常のコンビニ弁当ではあり得ない価格帯だ。

牛丼チェーンもこの時期になるとうなぎメニューを全面的に押し出してくるが、今年はなか卯の「うな丼豪快盛」1780円(税込)が目立っていた。うなぎ1匹分ということでボリュームはたっぷりあるが、牛丼チェーンでこの値段を支払うべきかは迷ってしまう。

■ 続々登場する代用蒲焼き

画像はイメージ

さて、こうした近年のうなぎ価格高騰を受けて登場しているのが、代用蒲焼。うなぎの代わりに「何か」を使って一見、うなぎの蒲焼風の見た目・味付けにしたものだ。

2017年には、大手スーパー・イオンがナマズの蒲焼を発売して話題を呼んだ。現在では、サンマ、カラフトシシャモ、豚肉など様々な材料を用いた「蒲焼」が登場している。筆者はこうした代用蒲焼をいくつも実食したが、残念ながら満足できた試しがない。「ああ、お金を貯めておいて、ちゃんとした専門店に行くべきだった」と、食べるたびに後悔している。

ところで『中国新聞』は、2022年7月17日付の朝刊「ウっ、買えない… ウナギの代用丼いかが」という見出しで、「豚肉のサラダ丼」「イワシ缶とキュウリの丼」を紹介。もはや味も見た目も完全スルーしているのが潔かった。

まあ、もともと土用の丑の日はにうなぎを食べるのは「夏バテ防止」という話。いまとなってはうなぎにこだわらなくてもいいのかもしれない。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?