「男女共に人間関係が最悪。足の引っ張り合いばかりでした」会社を辞めようと思った瞬間

「男女共に人間関係が最悪。足の引っ張り合いばかりでした」会社を辞めようと思った瞬間

「男女共に人間関係が最悪。足の引っ張り合いばかりでした」会社を辞めようと思った瞬間の画像

「定年まで働こう」と決めて入社した企業でも、労働環境や人間関係、待遇面などの不満が溜まってしまうことがある。これ以上は身も心ももたないと感じる職場なら、辞めて違う道を選ぶのもありだ。今回はキャリコネニュース読者から寄せられた、「会社を辞めよう」と思ったエピソードを紹介する。(文:コティマム)

妊娠したリーダーから「あなたにはもっと頑張ってもらわないとね!」

技術職の正社員として働いている40代男性は、職場の待遇に不満がある。

「雇われていても自営業扱い。危険な仕事だが保証・保障・補償がない」

さらに男性は職場の待遇について「薄給で最低賃金を割り込んでいた時もある。週休は1日。ゴールデンウィークと盆休暇は3日。年末年始休暇は5日。サービス早出・残業がある」と明かす。また、

「雇用主が被雇用者のキャリアアップに前向きでない。雇用主の都合のいいように何でも決められてしまい、良いところは微塵もなく低劣な職場。雇用主がワンマンすぎる」

と嘆いた。このような労働環境では、辞めたくなる気持ちもわかる。

サービス業の仕事を退職した20代女性は、その理由について、

「リーダーが妊娠した後に『あなたにはもっと頑張ってもらわないとね!』と言われた。安月給で仕事を押し付けられても困るし、このままだと辞められないと思ったので、リーダーの産休前にさっさと抜けました」

と明かす。産休や育休中の社員のフォローで、より一層仕事を任され悩む人は多い。支え合いは重要だが、支える側の社員に対して賃金アップなどの待遇改善がなければ、一方だけに負担がかかってしまう。

雑用を押し付けられ「正社員なんだから文句言わずにやれよ」

管理・事務の仕事を退職した30代女性は、前職について「こんなにすべてがごちゃごちゃな会社がこの世にあるんだ……と愕然とする日々でした」と振り返る。

女性は「男女共に人間関係が最悪。足の引っ張り合いばかりの職場だった」と辟易する。在職中、女性は面倒な色恋沙汰に巻き込まれた。

「仲良く話していた男性が、実はパート女性の元カレだったなんてことも。そんなこととは知らず、パートさんに呼び出されて支離滅裂な文句を散々言われ、その後ずっと無視された。仲間を増やし皆でそっけない態度で、子どものいじめと同じ。教育のできてない幼稚な人の集まりでした」

また仕事内容も、求人票の記載とはかけ離れていた。

「『これが仕事!?』というような雑用まで正社員の仕事に。『正社員なんだから文句言わずにやれよ』という感じです。直属の上司がおらず、役職者の男性に相談しても我関せず。自分の評価だけ気にして社長の言いなりです。筋の通らないことを押し付け、あとは知ったこっちゃないという態度でした。本当にびっくりな会社でした」

人間関係も仕事内容もめちゃくちゃな職場は、心身に大きなダメージを与える。「給料がいい」などプラスの面があれば頑張れるが、そうでない場合は早めに見切りをつけるのもひとつの選択肢だ。

※キャリコネニュースでは引き続き「会社辞めよう」と思った瞬間のほか「夏のボーナスいくらですか?」やオンライン会議中のとんでもないエピソードなどのアンケートを募集しています。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)