会社を辞めたくなったエピソード「半年も給与未払い」「自分のミスを『会社のミス』と言い張る社長」

会社を辞めたくなったエピソード「半年も給与未払い」「自分のミスを『会社のミス』と言い張る社長」

会社を辞めたくなったエピソード「半年も給与未払い」「自分のミスを『会社のミス』と言い張る社長」の画像

夢を抱き、熱意を持って入った会社でも、辞めてしまいたくなることがある。特に、入社前にはわからなかったブラック気質やパワハラなどに遭遇すると、「こんなはずではなかった」と後悔するだろう。キャリコネニュース読者からは、

「社長が自分のミスを『会社のミスだ』と言い、業務に直接関係のない社員を何度も巻き込もうとした」(30代後半/女性/営業)

など、さまざまな「会社を辞めたくなった」エピソードが寄せられている。(文:コティマム)

手柄を横取りする社長も

飲食業界で働く40代女性は、会社の体質に嫌気がさしている。

「いろんなアイデアが浮かんでも全部上から潰され、本部があるにもかかわらず、さまざまな事務も店舗スタッフが行う。上層部の意見がバラバラで、言うことが人によって違う。なんのための会社なのか……」

建築・土木職の40代男性は、社長のワンマン気質に退職を決意した。

営業も兼ねた現場管理をしている男性は「昔から続くお客様から仕事を頂いている」自負があった。しかし、「社長はすべて『自分が仕事を取ってきた』という振る舞い」で、「今まで私が積み重ねてきた信用を搾取されている気分」になったという。

手柄を横取りされているように感じた男性は、「周りから嫌われていても気がつかないワンマン社長。会社がなくなる前に辞めようと決めました」と、一歩踏み出す決断をした。

働いてもお金がもらえないケースも

営業職の20代男性も、「社長は『働かせてやってるんだぞ』というスタンスだった」と、不満を語る。

IT技術職の40代女性が退職した理由は、給与の未払いだ。

「給与未払いが6か月目になった時、辞めようと思った。なお退職から1年になるが、6か月分の未払い給与がまだ支払われていない」

半年にわたって給与が払われなかった女性。在職中はさぞ不安だっただろう。悔しさは残るだろうが、こんな会社には見切りをつけてよかったかもしれない。

※キャリコネニュースでは引き続き「会社辞めよう」と思った瞬間のほか「夏のボーナスいくらですか?」やオンライン会議中のとんでもないエピソードなどのアンケートを募集しています。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)