「短波放送でベトナム戦争の〜」オタ活で時代の変遷を振り返る50代男性

「短波放送でベトナム戦争の〜」オタ活で時代の変遷を振り返る50代男性

「短波放送でベトナム戦争の〜」オタ活で時代の変遷を振り返る50代男性の画像

世の中には様々なオタクが存在する。もはや「物の数だけ、オタクが存在する」と言っても過言ではないだろう。沖縄県在住の50代男性(医療関係/年収200万円)は短波ラジオのオタクだ。

短波放送は遠くまで届く電波を利用しているため、海外の放送も受信できるという特徴を持つ。男性は中学生だったときを振り返り、

「ベトナム戦争当時北ベトナムの放送を短波で聴いた時、『これから北ベトナム軍がサイゴンに入城する』と言っていたが、私は本気にしなかった。しかし結果はアメリカが負けた」

と、短波放送で海外の情報を収集していた様子を綴っている。その後アマチュア無線の資格も取って海外との交信を楽しんだという。

そして半世紀近くが経った。

「高価だった短波ラジオが今は数千円で中国製の相当良いものが沢山あり、とても安く感じてついついAmazonでポチッとしてしまう。昔のラジオも沢山あるが置き場所に困っている」

海外を夢見る少年は、時代の波に揉まれ、立派なラジオオタクに成長した。短波ラジオを通じて英語や中国語も学べたといい、「今もラジオでながら学習できるし、テレビと違って受信料もタダでいいこと尽くめ」と書いている。(文:草茅葉菜)

ビジュアル系バンドの追っかけで年間200万円以上

バンドの追っかけはオタ活の中でも代表的なものだろう。東京都の20代女性(専門職/年収600万円)は

「1回のライブの最高額は10万円。 全国ツアーを一緒に回っていたので、年間200万円以上は使っていた」

とその熱狂的な追っかけを告白。女性は3年ほどで正気に戻り、現在は関東公演のみに参戦しているという。

「バンドの追っかけをしていなければ、全都道府県に行くことはなかったと思う。 旅の思い出や経験は現在の仕事にも活かされているので、感謝している」

オタ活が仕事に活きるのはまさに「一石二鳥」だと言える。今何かに熱中している人は、自信を持ってその「沼」に浸かりきってみてはいかがだろうか。

※キャリコネニュースでは引き続き「オタ活で貧乏な人」、「オンライン会議中のとんでもないエピソード」などのアンケートを実施しています。

※アンケート概要
■実施期間
2020年10月29日〜
■回答数
34 ※2021年7月15日時点
(記事では、2020年11月13日から2021年5月10日に寄せられた投稿を紹介)
■アンケート対象
キャリコネメルマガ会員(63万人)やキャリコネニュース読者、キャリコネニュースSNSフォロワー
■実施方法
アンケート集計ツール「クエスタント」を使用
回答ページ https://questant.jp/q/RUJ92WRW
■質問項目
・あなたは"何オタ"ですか? ご趣味を教えてください
・オタ活で貧乏"と思う理由や、現在の状況について具体的に教えてください
・オタ活をする上で嬉しかったこと、よかったこと、ハマった理由などを教えてください

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)