夏のボーナス、コロナ禍でもアップした人「今回は220万円。昨年より30万円程度増えました」

夏のボーナス、コロナ禍でもアップした人「今回は220万円。昨年より30万円程度増えました」

夏のボーナス、コロナ禍でもアップした人「今回は220万円。昨年より30万円程度増えました」の画像

すでに夏のボーナスを受け取った人もいるだろう。キャリコネニュースが実施した「夏のボーナス」に関するアンケートには、昨年よりもボーナスが増えた人・減った人、それぞれの声が寄せられている。(文:コティマム)

※キャリコネニュースでは世帯年収に関するアンケートも実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/6FE3D7NZ

「コロナ禍でも会社が過去最高益だったので、増えると信じていました」

新型コロナウイルスの影響で打撃を受けた業界は多々あるが、逆に業績が好調な業界もある。東京都の20代女性は、web関連職の正社員で年収1200万円。ボーナスの支給額も高額だ。

「昨年は10か月分支給で、今回は7か月分支給でした」

昨年より減ったものの、女性は「web関連なので、あまりコロナの影響を受けていません。ボーナスをそこそこもらえるのは、とてもありがたいです。金額に対しての不満はなく、節約もほとんどしておりません」と綴る。

愛知県の50代男性は、建築・土木技術職の正社員で年収1100万円。ボーナスは「昨年より30万円程度増え、今回は220万円」だ。男性の業界ではコロナの影響で逆に稼働が増え、ボーナスも増額となった。

「コロナ禍でしたが会社が過去最高益だったので、増えると信じていました。固定資産税や自動車税を払い、家族に還元もしたいです」

埼玉県の30代男性(企画・マーケティング/正社員/年収650万円)のボーナスは「昨年120万円、今年は180万円」。うらやましい金額だが、男性は危惧の念を抱く。

「コロナショックから残業代がなくなった。外出を控えて堅実な日々を送る」

コロナ禍でもボーナスが上がっているが、毎月の残業代がなくなってしまった男性。ボーナスの額が増えても節約を続けている。

「70万円から48万円に。モチベーションを維持できない」

ボーナスが下がってしまい、「転職を考えている」という声もあった。

「昨年は70万円、今年は48万円。教育資金を積み立てるのが厳しい。年齢や同職種と比較しても年収が低く、モチベーションを維持できない。好条件の同職種があれば転職を考えている」(神奈川県/30代後半/女性/事務・管理/正社員/年収450万円)

もし大幅にボーナスが下がってしまったら、この男性のように必要な積立や支払いに影響しかねないうえ、一度下がったボーナスがもとに戻るのかも不安だ。

一方、埼玉県の20代男性(エンジニア/正社員/年収350万円)のボーナスは、「昨年は51万円で今年は54万円」と微増した。

「昇給したため、その分増えている。ボーナス額アップは、仕事のモチベーションに繋がる。コロナ禍にもかかわらずボーナスを支給してくれた会社に感謝している」

評価がボーナスに反映されれば、社員にとってはモチベーションになる。会社には可能な限り、ボーナスを支給できるよう努力してほしいものだ。

※アンケート概要
■実施期間
2021年6月11日〜
■回答数
259 ※2021年7月26日時点
(記事では、2021年6月28日から7月9日に寄せられた投稿を紹介)
■アンケート対象
キャリコネメルマガ会員(63万人)やキャリコネニュース読者、キャリコネニュースSNSフォロワー
■実施方法
アンケート集計ツール「クエスタント」を使用
回答ページ https://questant.jp/q/FTM0IVVB
■質問項目
・夏のボーナスは昨年と比較してどうでしたか?支給額(額面)を教えてください
・ボーナスが増えた/減った理由、またそれに対して思うことや、困っていることを詳細にご記入ください(50字以上)

※キャリコネニュースでは引き続き「夏のボーナスいくらですか?」のほか職場で起きた窃盗事件や共働き・片働きの不満などのアンケートを募集しています。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)