夏のボーナス事情「昨年と変わらず225万円。コロナで評価を下げられ、昇格にも影響必至」年収1400万円、50代男性

夏のボーナス事情「昨年と変わらず225万円。コロナで評価を下げられ、昇格にも影響必至」年収1400万円、50代男性

夏のボーナス事情「昨年と変わらず225万円。コロナで評価を下げられ、昇格にも影響必至」年収1400万円、50代男性の画像

ボーナス支給は会社員の特権、心が躍る一大イベントだ。キャリコネニュースには、夏のボーナスを喜ぶ人たちからの声が数多く寄せられている。

「昨年の夏のボーナスは100万円だったが、今年は120万円!会社の業績が好調だった。でも、コロナ禍で旅行には行けず残念」(大阪府/50代女性/事務・管理/正社員/年収800万円)

「ボーナスは11万円。4月に転職したばかりなので、もらえるだけでもよかったです。冬は満額支給と聞いているので、これからもっと頑張ります」(埼玉県/40代男性/エンジニア/正社員/年収700万円)

明るい声を見ているだけで、こちらまで嬉しくなってしまう。引き続き、ほかのキャリコネニュース読者の声も紹介しよう。(文:福岡ちはや)

「このご時世で高額な報酬をいただけて、とてもありがたい」

都内の20代女性(ITエンジニア/正社員/年収500万円)は「昨年のボーナスは61万円、今年は65万円」と微増だったことを明かす。また、

「査定がつき、評価が上がったから。入社して初めての高評価が嬉しかったので、昨年との差額でご褒美にカバンを買った」

とボーナスの使い道を綴った。金額云々よりも、成果を評価されたことのほうが喜びにつながっただろう。

都内の30代男性(エンジニア/正社員/年収850万円)は「昨年180万円、今年185万円」とボーナス支給額が5万円アップした。男性は、

「会社として過去最高業績のため、昨年よりもボーナス増額。このご時世で高額な報酬をいただけて、とてもありがたい」

と感謝を述べた。

「評価されるのは、自分で思っているより2倍は頑張らないと……」

一方で、ボーナス支給額が思ったよりも低く、がっかりした人もいるようだ。都内の50代男性(設備・交通・運輸/正社員/年収1400万円)のボーナスは「昨年と変わらず225万円」だが、

「コロナ禍を理由に通年評価を下げられ、来年以降の昇格に影響必至。『便乗評価』と言われてもやむを得ないのでは?」

と不満を述べる。たしかに外的要因と紐づけて自分の評価まで不当に下げられては、たまったものではない。

埼玉県の50代男性(その他/正社員/年収500万円)のボーナスは「昨年50万円、今年49万円」とやや減ってしまった。男性は「自分で評価ノートをつけていたので、減額になったことが悔しい」と語り、

「評価されるには、自分で思っているより2倍は頑張らないといけない」

と気付きを綴った。次回のボーナスでは納得のいく評価を受けて、男性のボーナス支給額が増えることを祈るばかりだ。

※キャリコネニュースでは引き続き「夏のボーナスいくらですか?」 のほか職場で起きた窃盗事件や共働き・片働きの不満などのアンケートを実施しています。

※アンケート概要
■実施期間
2021年6月11日〜
■回答数
240 ※2021年7月26日時点
(記事では、2021年7月13日から7月20日に寄せられた投稿を紹介)
■アンケート対象
キャリコネメルマガ会員(63万人)やキャリコネニュース読者、キャリコネニュースSNSフォロワー
■実施方法
アンケート集計ツール「クエスタント」を使用
回答ページ https://questant.jp/q/FTM0IVVB
■質問項目
・夏のボーナスは昨年と比較してどうでしたか?支給額(額面)を教えてください
・ボーナスが増えた/減った理由、またそれに対して思うことや、困っていることを詳細にご記入ください(50字以上)

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)