私って貧乏性? 年収800万円の30代女性 「見切り品の棚は優先的に見に行き、そこから買うことも」

画像はイメージ

ある程度の収入があっても、なぜか貧乏性になってしまう人は多いようだ。神奈川県の30代女性(ITエンジニア、システム開発・SE・インフラ/年収800万円)は、

「スーパーで見切り品の棚があると優先的に見に行く」

と日ごろの習慣を綴る。(文:草茅葉菜)

キャリコネニュースでは「お金はあるのに貧乏性の人」をテーマにアンケートを行っています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/PIXKF66W

■ 「楽天市場でのショッピングもスーパーセールまで待つ」

「出掛けるときはいつも水筒を持参していて、外でペットボトルの飲み物を買ったりするのがもったいなく感じる」と語る女性。

「天気も必ず確認して、ビニール傘を買ったりしなくて済むようにしている」

と、つい忘れがちな天候チェックも欠かさない。スーパーに行くときは「もったいないし、フードロスにも繋がる」という思いから

「見切り品の棚があると優先的に見に行き、買いたい物があればそこから買う」

のだという。ある意味で“丁寧な暮らし”を送っているようだ。

また「どこのショップでも割引券やクーポンがないか探す」と綴るのは、山口県の40代女性(事務・管理/年収850万円)だ。

「スーパーでは、値引き商品を探す。楽天市場でのショッピングも、急がない物は、ポイントの還元率の良い時や、スーパーセールまで待つ」

しっかりとポイントの還元率まで考えているのは、もはや貧乏性というより節約家ではないかと思われる。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?