世帯年収1200万円の40代女性の嘆き「子ども3人で生活はギリギリ。贅沢できるお金が残りません」

世帯年収1200万円の40代女性の嘆き「子ども3人で生活はギリギリ。贅沢できるお金が残りません」

世帯年収1200万円の40代女性の嘆き「子ども3人で生活はギリギリ。贅沢できるお金が残りません」の画像

「世帯年収1000〜1200万円」は、平均の世帯年収(2019年)約552万円、中央値 437万円を大きく上回る。さほど不満はないと思われそうだが、実はかなり思うところの多い年収帯のようだ。キャリコネニュース読者から寄せられた「世帯年収に対する不満」を紹介する。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは世帯年収に関するアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/6FE3D7NZ

「妻は専業主婦。外食、旅行なしの慎ましい生活」

都内在住の40代後半女性(その他/正社員)は、世帯年収1200万円。「子ども3人で大学生、私立高校生、小学生です。学費や食費などで生活はギリギリです」と不満を漏らす。

「外食はほとんどしておらず、旅行もまったく行ってません。贅沢できるお金が残りません」

女性は「この世代の子どもが一番お金がかかるのに、幼児ばかり補助があるのはおかしいです」と持論を語った。高校や大学無償化の制度はあるものの、一定以上の世帯年収の家庭は所得制限により補助を受けられない。女性は、

「少子化を改善したいのであれば、子どもが成人するまで長期で補助がある仕組みにしないと、なかなか『2、3人の子どもが欲しい』とはならないと思います」

と切実に訴えた。

同じく都内在住の40代後半男性(世帯年収1100万円/その他/正社員)も「子ども2人で私立大学生と私立高校生。妻は専業主婦。ほぼ外食、旅行などなしの慎ましい生活」と嘆く。男性は、

「税金が高すぎて、平均世帯(年収の家庭)と大して生活レベルが変わらないのが不満」

と本音を吐露した。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)