「食費を削っている」「衣類、美容代には使わない」 それぞれの「家計を抑えている部分」

「食費を削っている」「衣類、美容代には使わない」 それぞれの「家計を抑えている部分」

「食費を削っている」「衣類、美容代には使わない」 それぞれの「家計を抑えている部分」の画像

キャリコネニュース編集部では「現在の世帯年収への不満」というテーマで、読者からの投稿を募っている。もちろん世帯年収によって「切り詰める」または「無駄遣いはしない」部分は異なる。今回は、さまざまな年収帯の人たちから寄せられた「家計の費用を抑えている部分」や「節約のポイント」を紹介する。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは世帯年収に関するアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/6FE3D7NZ

「安い店だが外食は多いほう。衣類、美容代にはほとんど使わない」

東京都在住の30代後半女性(サービス系/正社員)は年収350万円。「税金と家賃が高い。物価と税負担の上昇で、どんどん生活が苦しくなっている」とやりくりに悩む。女性は、

「食費を削っている」

と明かすが、「将来の健康に悪影響で、今現在の節約が未来の医療費の増大につながっている気がする」と不安も吐露していた。

同じく都内に住む60代前半女性(その他/正社員/離婚・死別/子どもなし)は、世帯年収550万円で生活しており、

「外食は安い店だが多いほうだ。衣類、美容代にはほとんど使わない」

という。食費以外の大きな支出を抑えることで、家計のバランスを取っているようだ。

世帯年収750万円の70代男性(栃木県/その他/個人事業主)は「4人家族全員、散髪美容代はかけていません」とのこと。また、

「外食もあまりしません。スーパーの食品代は多めかも」

と、基本的に自炊していることを明かした。

そのほか、世帯年収1000万円以上のキャリコネニュース読者からも、次のように家計を工夫する声が寄せられている。

「普段の食料品は、スーパーの割引された品を買う。ポイントのたまるスーパーで買うことが多い」(年収1000万円/奈良県/50代前半女性/その他/正社員/未婚)

「一点豪華主義で、普段は質素な生活。所得の半分近くは投資に回している」(年収2100万円/東京都/40代前半男性/メーカー系/正社員/未婚)

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)