世帯年収1100万円でも将来が不安「子どもが成長するにつれて、かかるお金が増える」

世帯年収1100万円でも将来が不安「子どもが成長するにつれて、かかるお金が増える」

世帯年収1100万円でも将来が不安「子どもが成長するにつれて、かかるお金が増える」の画像

キャリコネニュースでは「現在の世帯年収への不満」というテーマで読者アンケートを募っている。今回は世帯年収1000万円前後の子持ち世帯から寄せられた投稿を紹介する。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは世帯年収に関するアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/6FE3D7NZ

子どものために「継続して働かないといけないと感じる」

奈良県の30代後半女性(商社系/正社員)は、世帯年収1100万円で2人の子どもを育てている。日頃の生活感については、

「家のリフォームや車の購入など、大きな出費には気を遣うが、日常生活では特に切り詰めなくても済む。旅行や娯楽、家族のイベントにもある程度余裕がある。毎月の貯蓄額も安定している」

と綴っており、今のところ家計は順調なようだ。しかし将来に関しては懸念もあるという。女性は、

「今後子どもが成長するにつれて、かかるお金が増えることには少なからず不安を感じるので、十分な教育を受けさせてあげられるよう継続して働かないといけないと感じる」

と胸の内を明かした。

世帯年収1000万円の30代前半男性(神奈川県/金融・保険系/正社員)も2人の子どもを抱え、

「子どもの教育資金や老後の住宅費を考えると余裕がない」

と不安を募らせていた。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)