社会的に認知されつつあるアルコールハラスメント、4人に1人は経験があると明らかに

記事まとめ

  • 日本法規情報は10月5日『アルコールハラスメントに関するアンケート調査』を発表した
  • 『飲酒の強要』『イッキ飲ませ』『意図的な酔いつぶし』などがアルハラの定義とされる
  • 「強要されたことがある」が25%と4人に1人はアルハラ経験があることが明らかになった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております