高齢者の定義「75歳以上」と老年学会が提言 社会保障が改悪されるのではと警戒感

記事まとめ

  • 日本老年学会・日本老年医学会が「高齢者」として定義される年齢の引き上げを提案
  • 現在は65歳以上が「高齢者」、それを75歳以上とし65歳〜74歳は「准高齢者」とする
  • 元気な人が増えたことが背景にある一方で社会保障が削減されるのではという危機感も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております