ヤマト運輸労組が荷受量の抑制を要求 ドライバー不足は"若者のトラック離れ"が原因か

記事まとめ

  • ヤマト運輸の労働組合が、2017年の春季労使交渉で、宅配便の荷受量の抑制を求めている
  • ドライバーが不足し、ドライバーの長時間労働が深刻化しているという
  • ドライバー不足は若者のトラック離れが原因では、とヤマト運輸労働組合の担当者は語る

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております