SNSで話題になりやすい写真の特徴とは? インスタ写真を徹底分析した結果

SNSで話題になりやすい写真の特徴とは? インスタ写真を徹底分析した結果

SNSで話題になりやすい写真の特徴とは? インスタ写真を徹底分析した結果の画像

美味しそうなスイーツや綺麗な空など、せっかく写真を撮ったのに中々魅力的に写らずしょんぼりしてしまう人もいるだろう。SNS投稿を分析し、SNS映えする人気スポットを紹介するサイト、スナップレイスは5月22日、インスタ映えする写真の特徴を表す分析データを発表した。

スナップレイスサイトに掲載されている約3000のスポットのうち、フォトジェニック「Cool!」、笑い・ネタ「Haha!」に該当するスポットの全写真を分析。人工知能が画像の解析を行った。

フォトジェニックを狙うなら「食べ物系」

フォトジェニック「Cool!」に分類された写真に写っているものを見ると、最も多かったのは「食べ物」「食事」。カラフルで華やかなパンケーキやパフェ、フォルムが可愛いソフトクリームが人気のようだ。

次いで「小物」「レストラン」「お皿に盛られた料理」と続いている。料理写真は真上からのアングルで撮影すると雑誌風な写真になるという。そして、「部屋」「インテリア」などのオシャレ空間系もインスタ受けがいいようだ。

次に面白い・ネタ「Haha!」に分類された写真を見てみると、こちらも「食べ物」「お皿に盛られた料理」「食事」がトップ3を占めている。フォトジェニックと比較してもその比率が高いことが分かった。以降は「芸術作品」「寺院」「建造物」「銅像」「モニュメント・像」などが続く。

フォトジェニックとネタ系で写真の色味は違う

フォトジェニックな写真の色を分析すると「赤」「ピンク」、パステルカラーの「エメラルドグリーン」「青い空のブルー」などが多くなっていた。やはりフィード上で目の引くのは彩度の高いカラフルな写真。SNS上での反響も大きいという。

一方笑い・ネタ系の写真は「濃い目の茶色」「濃いブルー」「ダークレッド」などの色が多くなっていた。インスタ映えする写真には色合いも重要なようだ。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)