フリマアプリで問題だと思う出品物3位「卒業アルバム」2位「現金」―「手作りポエム」「読書感想文代行」という回答も

フリマアプリの利用把握・実態調査 驚いた出品に「感想文の代行」「手作りポエム」

記事まとめ

  • フリマアプリの利用1位は「メルカリ」で94%、ラクマ、フリル、ミンネと続いている
  • 問題視のある出品物1位は「領収書」、次いで「現金」、「卒業アルバム」など
  • 驚きのものについては、「読書感想文の代行」や「手作りのポエム」が挙がっている

フリマアプリで問題だと思う出品物3位「卒業アルバム」2位「現金」―「手作りポエム」「読書感想文代行」という回答も

フリマアプリで問題だと思う出品物3位「卒業アルバム」2位「現金」―「手作りポエム」「読書感想文代行」という回答も

フリマアプリで問題だと思う出品物3位「卒業アルバム」2位「現金」―「手作りポエム」「読書感想文代行」という回答もの画像

マクロミルは5月23日、フリマアプリ利用把握・実態調査の結果を発表した。フリマアプリについて聞いたところ「知っている」と回答した人は66.5%だった。しかし現在利用している人は16.0%に留まった。

利用率は10代女性が一番高く、42.4%。次いで20代女性(37.7%)、男性10代(34.3%)、女性30代(25.2%)と続く。世代ごとにみると若い世代ほど利用率が高い。

トンデモ出品に「商品名が親友となっている男の子の写真」

フリマアプリユーザーに利用目的を聞くと「出品・購入」が最も多く51.1%。利用する理由の1位は出品・購入ともに「簡単・シンプルだから」(出品78.3%、購入62.9%)だった。

簡単に利用できるからこそ、問題視のある出品物が出てくる、とも言えるだろう。ユーザーに実際にどのような出品物が問題だと思ったか聞くと、1位は「領収書」(88.2%)。次いで「現金」(86.7%)、「卒業アルバム」(81.5%)、「電子マネー」(69.9%)と続く。やはり金銭・個人情報にまつわるものの売買はいかがなものかと思っている人が多いようだ。

その他、フリマアプリで見た驚きのものについては、「読書感想文の代行」や「手作りのポエム」「食べかけの食品」、科学的根拠のない「妊娠米」、そして「商品名が親友となっている男の子の写真」といったものが挙がっていた。

フリマアプリユーザー購入金額は月3000円以内が最多

利用しているアプリについては1位が「メルカリ」で94.0%と圧倒的に多い。2位「ラクマ」(22.1%)で、以下「フリル」(19.4%)、「ミンネ」(8.9%)、「ZOZOフリマ」(5.9%)と続く。

フリマアプリユーザーかつネットオークションの利用者は54.5%、インターネット上のリサイクスショップは28%、店舗を構えるリサイクルショップが53.4%で、他の店舗・WEBサイトも活用しているようだ。

また月の購入額を聞くと「3000円未満」が一番多く71.2%。次いで「3000円〜5000円」(18.7%)、「5000円〜1万円」(6.8%)と金額が増えるにつれ利用者が減少している。フリマアプリ利用者は少額での利用が多いことが分かった。

利用状態把握調査は5月に実施し、15〜69歳の男女を対象に1万5000の回答を得た。利用実態調査は同月、フリマアプリを利用していると回答した人を対象に1000の回答をまとめた。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)