住民が愛着や誇りを持つ都市ランキング1位「福岡市」 空港からアクセス良好、生活利便性の高さも影響か

住民が愛着や誇りを持つ都市ランキング1位「福岡市」 空港からアクセス良好、生活利便性の高さも影響か

住民が愛着や誇りを持つ都市ランキング1位「福岡市」 空港からアクセス良好、生活利便性の高さも影響かの画像

三菱UFJリサーチ&コンサルティングは6月14日、「市民のプライド・ランキング」を発表した。「愛着」や「誇り」「住むこと」など全10項目中9項目で福岡市が1位となった。

調査は今年2月24日〜28日、全国の20政令指定都市と東京都区部の21団体の住民を対象に実施。各都市200人から回答を得た。

福岡市と札幌市が上位 両市は「九州と北海道で圧倒的なポジション」

「現在お住まいの都市に愛着や誇りを感じますか」という質問には、「愛着」「誇り」ともに福岡市がトップ。「愛着」では札幌市、京都市が、「誇り」では京都市、神戸市が続く。

「現在お住まいの都市について、友人・知人に勧められますか」という質問には、「全般的によい街であること」「住むこと」「デートすること」など、全10項目中で9項目で福岡市が首位についているが、唯一「買い物・遊びなどで訪れること」は札幌市がトップ。同市は残り8項目でも2位に入り、人気の高さがうかがえる。福岡市と札幌市がほぼ全ての項目で上位にランクインする理由について、調査元は、

「それぞれ九州と北海道において圧倒的なポジションにあり、ほかの都市の魅力の影響を受けにくいことか?、非常に高い評価につなか?ったと考えられます」

と分析している。

多くの項目で福岡・札幌両市が上位に入るが、「趣味や教養を深めること」では京都市が2位。同市のほか仙台市、神戸市、横浜市がいずれの項目でも上位に入っている。

京都市は「伝統的」、神戸市は「ハイセンス」というイメージ

「現在お住まいの都市にあてはまると思うイメージを全て選んでください」という質問で、30項目を聞いたところ、京都市が「伝統的」「落ち着きある」「日本らしい」でトップ。多くの歴史的建造物を有し、固有のイメージを形成している様子がわかる。

神戸市は、「ハイセンス」「国際的」「美しい」「おしゃれ」で1位であり、港町で開放的な雰囲気がそのようなイメージを作っているのだろう。ほかには、大阪市が「エネルギッシュ」「カオス(混沌としている)」でトップになっている。

前出の福岡市は「にぎわいある」「便利」「成長」で1位だった。福岡市出身で現在東京都に暮らす女性(33)はキャリコネニュースの取材に対し、「やっぱりね、という印象です。とても誇らしいです」と笑みを浮かべる。

「『にぎやか』でトップなのは、立地的に韓国に近く、同地からの観光客が多いことがあるかもしれません。福岡空港から博多駅までは地下鉄で5分、天神までは11分なので利便性が高く、ビジネスや旅行先として魅力があるのだと思います」

と話す。

また「街もコンパクトなので、博多・天神間のアクセスは便利です。天神には百貨店や飲食店が多くあるので、買い物やデート、食事には困りません」と続けた。

生活面については、ゴミ収集が夜に行われるので、朝の出勤前にバタバタとゴミ出しする必要がない。さらに、博多・天神駅間は『福岡都心100円バス』として運賃が100円のため、交通費があまりかからないことなども魅力として挙げていた。

余談だが、筆者(編集部S)が住む相模原市はほとんどの項目で下位であり、残念である。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)