一人暮らしに慣れ過ぎた35歳男性、共同生活がイヤで結婚を躊躇 「二人でずっといると疲れてしまう」

一人暮らしに慣れ過ぎた35歳男性、共同生活がイヤで結婚を躊躇 「二人でずっといると疲れてしまう」

一人暮らしに慣れ過ぎた35歳男性、共同生活がイヤで結婚を躊躇 「二人でずっといると疲れてしまう」の画像

先日の発言小町に35歳男性が投稿した「結婚に躊躇している」という悩み。躊躇している理由は、一人暮らしに慣れ過ぎて今さら他人と共同生活をしていけるのかという不安を抱えているからだという。(文:みゆくらけん)

結婚を考えている彼女はいるが、そのことがネックで踏みきれないという男性。外で会う分には全く問題なく、彼女に不満はないとしながらも、

「自宅で彼女と長時間いると、一人になりたいなと思う時があります。彼女に不満があるわけではないのですが、リビングに二人でずっといるとなんとなく疲れてしまいます」

と心境を告白。「こういう性格の人間は結婚を遠慮すべきでしょうか?」と聞いている。

「別れなさい。あなたは他の人間と生活出来ない人なんです」

好きな相手であってもずっと一緒にいるのは無理―。最近こうした声をよく聞くが、これは単に"慣れ"の問題なのか、それとも元々の性格なのか。どちらにしろ、相手女性からすれば寂しいハナシだ。

この投稿に集まったコメントは男性に理解を示し共感するものも多く、「わかる!私もそうです。一人になるとホッとします」「人と暮らすのはストレス」という声を筆頭に、

「確かに結婚によって共同生活が始まると、自分の時間を相手に奪われる気がします」

という既婚者の声も。また、実際に結婚生活をはじめた途端に体調がおかしくなったという経験を持つ人もおり、

「イザ、2人で生活すると、生活初日〜1ヵ月くらいまで、会社から帰宅すると謎の腹痛が発生…2人生活のストレスらしいです」

と書き込んでいた。長年染み付いた「ひとり生活の気楽さ」はそう簡単には拭えないようだ。それに加え、元々人といるのがストレスになりやすいタイプだったとしたら、本人が心配しているように"結婚生活に向いていない人"なのかもしれない。コメントの中にも

「別れなさい、なるべく早く。あなたは他の人間と生活出来ない人なんです。生活圏を共有出来ないタイプ。そんな人が結婚したりすると、必ずや離婚になります」

という厳しい声もあった。

不安な人は結婚前に一定期間同棲生活を

一方で、やはり"慣れ"でどうにかなるという声もある。投稿者と同じように「本当に人といるのが苦手」だったという人は結婚当初を振り返り、「最初はとてもつらかったですが、数年で慣れました」とコメントし、

「荒療治みたいですが、最初はとにかくずーっと一緒にいてください。そうすると、そういうことがだんだん普通になってきます。隣に人がいて当然のようになってきます」

とアドバイスしている。他にも「42歳まで一人暮らしをしていた」という人は、結婚前に不安要素をゼロにしておくことが必要だと考え、2年間の同棲期間を設けたのだとか。そしてそれが"良いシミュレーション"となり、スムーズに結婚生活に入っていけたのだと説明している。

筆者としてもこの意見には賛成で、まずは同棲してみたらいいのでは?と考える。"慣れ"でどうにかなるものなのかはそれでハッキリするだろう。しかし投稿者は「諸々の都合により同棲は難しい」とし、結局、彼女とは別れた。多数のコメントを受け、彼女とじっくり話し合った結果、そうなったのだという。……勿体ない気がするのは筆者だけか。結婚に必要なのは"勢い"と"勇気"なのかもしれない。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)