「どうにかして」と思うテレビの演出 「やたら大きいワイプとテロップ」「CMまたぎ」

「どうにかして」と思うテレビの演出 「やたら大きいワイプとテロップ」「CMまたぎ」

「どうにかして」と思うテレビの演出 「やたら大きいワイプとテロップ」「CMまたぎ」の画像

僕は民放のテレビ番組のほとんどが好きではない。しょうもないネタでしょうもない芸人がしょうもない話をし、しょうもないテロップがその発言を一字一句逃さずバカみたいな色合いとフォントで表示する。

観客がいない収録番組なのに、オンエアでは「え〜」とか「わ〜」とかの音声素材が放り込まれて、真面目に観てるのがバカらしくなる。どうでもいいテーマのVTRが垂れ流されてる間、タレントがワイプ表示されて、頷きながら深刻そうな顔をしている。

微妙な線にいる芸能人の旧友(つまりただの一般人)が今何をしているのかを追跡取材されたりする番組なんてのもあるようだ。こういうのが日々無数に放送されているんだから、まさしくバカ製造装置と言ってもいいだろう。(文:松本ミゾレ)

やっとCMが終わったと思ったら同じ映像が30秒繰り返される

先日、ガールズちゃんねるに「どうにかしてほしいテレビ番組の演出は?」と題されたトピックが登場した。投稿者はその事例として「私はCMまたぎです。CM入るのはいいとしても、(CM明けに少し遡って放送するとき、いらない演出だなと思ってしまいます」と話している。

まずCMまたぎという手口はスポンサーがいる以上仕方がないことなんだけど、やっぱりCMが終わったら30秒ぐらい前の段階から場面が再開するのは、観ていて癪だ。というか番組制作側から「お前らバカだから、ちょっと巻き戻して放送再開しないと忘れるだろ」と言われているような気にもなってしまう。

冒頭で書いたように、僕は民放のバラエティは本当にどれもこれもつまらないと思っている(ドラマや報道はまた別)。こういう手はバラエティ番組への視聴モチベーションを下げるだけのものでしかない。

「いじめなのか笑いなのか分からないレベルの企画」もどうなの

ここで、このトピックに寄せられたネットユーザーたちの意見も、いくつか紹介していきたい。

「歌番組での口パク」
「やたら大きいワイプが何個も並んでる。そこにテロップも入るからゴチャゴチャしてる」
「動物の仕草にくどいくらい効果音つける」
「いじめなのか笑いなのか分からないレベルの企画」

バラエティ番組も作り方のフォーマットが無個性になってしまっているので、今ではどこのチャンネルを回しても、こういうものばかりになってしまっている。NHKですら、民放バラエティに感化されたと思しき番組を放送することもある。

どこかで観た演者、どこかで観た構成、どこかで見た演出。結局どこのチャンネルの何の番組を観ても変わらない。これじゃ飽きられるどころかイライラされて当然だろう。

もちろん制作側も色々と気を遣って番組作りをしているのは分かるんだけど、気遣いをしまくった結果、個性もなく、ただイライラを誘発するだけの金太郎飴しか作れないわけだから、笑えない。

民放のバラエティ番組はうるさいだけで基本的に面白くないというのが、僕の主張である。これは恐らく、もう死ぬまで揺るがない気がする。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)