新橋キャバクラ店暴行死事件でキャバクラユニオンが「緊急声明」発表 「この社会が水商売の女は殴ってもいいとみなしている」

新橋キャバクラ店暴行死事件でキャバクラユニオンが「緊急声明」発表 「この社会が水商売の女は殴ってもいいとみなしている」

新橋キャバクラ店暴行死事件でキャバクラユニオンが「緊急声明」発表 「この社会が水商売の女は殴ってもいいとみなしている」の画像

東京・新橋のキャバクラ店で働いていた与島稜菜さん(19)が、店の経営者の伊藤英治郎容疑者(31)に暴行されて死亡した事件に関し、水商売で働く人々のための労働組合「キャバクラユニオン」は7月29日、緊急声明を発表し、「彼女の死に強い怒りと悲しみを感じます」と抗議した。

「どのような背景があろうと、殺害が正当化されていいわけがない」

ユニオンのブログに掲載された「緊急声明『ただこの暴力を見つめてほしい』」によると、事件の背景には、経営者から女性従業員への暴力が日常化してしまっていることがあるという。与島さんの事件は決して特異なものではないのだ。

「私たちフリーター全般労働組合/キャバクラユニオンは、当事者と共に闘う中で、経営者からの非道な支配と暴力を何度も目にしてきました。暴力は日常的にほのめかされ、見せつけられ、行使されています。この事件は特異で例外的なものではなく、私たちが常に向き合わされている現実です」

また「声明」では、伊藤容疑者と与島さんの「個人的関係」を詮索したり、「水商売だから悪い」「仕方がない」と言ったりする人たちを「殺害の尻馬に乗って加害を上塗りする人たち」と呼んで強く非難している。

「殺害の尻馬に乗って加害を上塗りする人たちには、どんな関係であろうと、どのような背景があろうと、殺害が正当化されていいわけがないと伝えたい」

「職業に対するヘイトクライムであるのに、被害者の職業をぼかして書いてある」

さらに、水商売で働く女性への暴力が繰り返されるのは、「この社会が水商売で働く女性は殴ってもいいとみなしているから」だと指摘。こうした事件が繰り返されるのを防ぐためには、「この差別的な社会の視線を徹底して問題にする必要があります」と訴えた。

今回の事件に関しては報道のあり方に疑問を感じた人もいたようだ。あるツイッターユーザーは、「職業に対するヘイトクライムであるのに、(新聞記事では)被害者の職業をぼかして書いてある」ことに驚いたという。

キャリコネニュースが確認したところ、一部メディアでは「キャバクラ店」と報じていたが、大手紙などでは「飲食店」という曖昧な表現になっていた。被害者への配慮だとしても、報道のあり方そのものが「キャバクラ店勤務は隠すべきもの」という考えを提示してしまっている可能性は否めない。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)