【九州北部豪雨】ヒカキンの募金呼びかけ方法が「策士すぎる」と話題に 「スイッチプレゼント」で注目集めてからの動画投稿

【九州北部豪雨】ヒカキンの募金呼びかけ方法が「策士すぎる」と話題に 「スイッチプレゼント」で注目集めてからの動画投稿

【九州北部豪雨】ヒカキンの募金呼びかけ方法が「策士すぎる」と話題に 「スイッチプレゼント」で注目集めてからの動画投稿の画像

今月7月に発生した九州北部豪雨。多くの死者・行方不明者が出ており、現在も647人が避難している。しかし当初と比べ報道の数も減り、豪雨があったことを忘れている人も少なくはないだろう。

そんな中ユーチューバ―のヒカキンさんは7月29日、豪雨被災地への募金を呼びかける動画を投稿。しかし「募金に至るまでの方法がすごい」とネット上で話題になっている。

「通知オン、やらしいなあって思ったけど策士すぎる」

募金動画が投稿された前日、28日にヒカキンさんは「【プレゼント企画】ニンテンドースイッチ スプラトゥーン2セット10台10名様にプレゼント!」という動画を投稿した。

応募条件は「この動画をグッドすること」「ヒカキンTVをチャンネル登録し、投稿通知をオンにすること」。7月31日現在、グッドボタンは61万を超えており、応募者は非常に多いと考えられる。

そして動画を投稿した翌日の7月29日、「ヒカキンと一緒に九州北部豪雨の募金しませんか?【拡散希望】」という動画が投稿された。つまりプレゼント企画に応募した人たち全員に、募金動画の投稿通知が配信された、ということだ。

これについてネット上では「『投稿通知をオン』を条件にしたのは、より多くの人に募金動画を見てもらうためだったのでは」という声が相次いでいる。

「ヒカキンが読者プレゼントの条件に『動画配信の通知設定』ってのがあって、いやらしーなぁって思ってたんだけど、その翌日に災害募金協力の動画アップするとか策士すぎてファンになった」

ヒカキン自身も100万円募金「1円でも100円でもよければ僕と一緒に募金しましょう!」

募金動画によると、ヒカキンさん自身も100万円を募金。「被害総額は1400億円。現在、日本の人口は1億2700万人。全員1100円出すとカバーできる」と説明し、

「もし今この動画を観てくださってる皆さんの中で、少しでも、1円でもいいから募金できるよって方、僕と一緒に募金しませんか?」
「僕ひとりの100万円というのはちっぽけなもので、多くのみなさんからの1円の方がずっとすごいパワーがあります。(略)1100円ではなくても1円でも100円でもよければ僕と一緒に募金しましょう!」

と呼びかけている。ヒカキンさんはネットで募金できるヤフーのネット募金ページを提示し、「クレジットカードは100円から、Tポイントは1ポイントから寄付できます。Tポイント1ポイントからなら募金しやすいのでは」と話している。また動画内で「この動画は収益化をしていない」ということを明言している。

そして投稿から数時間後、ヒカキンさんはツイッターで「募金報告が殺到しています。嬉しい。 ヒカキンTVの視聴者さん、ほんと優しい」とコメントしている。同ネット募金へのコメントには、

「ヒカキンさん動画から来ました。家族3人チャンネル登録しているので、1100X3=3300円寄付させて頂きました」
「ヒカキンの動画からきて寄付しました!たまっていた少しですがTポイント全部寄付しました。少しでもお役に立てたらと思います」

と動画視聴者からの声が非常に多く寄せられている。31日現在、同募金に約10万人が寄付し、総額は約5600万円となっている。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)