「私ズバズバ言っちゃうんです」系女子の面倒くささ 好き放題言って開き直っている人は要注意

「私ズバズバ言っちゃうんです」系女子の面倒くささ 好き放題言って開き直っている人は要注意

「私ズバズバ言っちゃうんです」系女子の面倒くささ 好き放題言って開き直っている人は要注意の画像

世の中には、色んな女性がいる。みんな違ってみんな良い……とはいうけど、やっぱり中には対応に困る人もいる。今回は、そんな困った女子ありがちな「ズバズバ言いたいこと言っちゃうけど、それがアタシだから」系女子について書いていきたい。(文:松本ミゾレ)

「みんながわかってるんだけど敢えて言わないようなことを言う奴や。全然面白くない」

先日、2ちゃんねるで自分の悪口が書かれていないかチェックしていると、「私ズバズバ言っちゃうんですみたいな感じで自分に酔ってる女怖い」というスレッドにぶち当たった。スレッドを立てた人物は、「傷つける言葉バシバシ言うから怖い」と書き込んでいる。確かに、この手の女性はなんか言葉に威圧感があって恐ろしいもんだ。

早速いつものように、いくつかの意見をご紹介していきたい。

「言っちゃダメなことも言いやがるから正直めんどい。言われた人へのフォローもめんどい」
「こういう奴って気がついたらコミュニティから孤立してぼっちになってるよな」
「なんかみんながわかってるんだけど敢えて言わないようなことを言う奴や。全然面白くない」
「周りが言いたくて言えないことを代わりに言うならそうだけど、自分が言いたい事言うだけだからな」

ズバズバ言っちゃう系女子には、僕も辛酸を舐めさせられたことがあるが、大抵上記の意見が当てはまるような人物像だった記憶がある。

ズバズバ言っちゃう男性もやっぱり同じくらい面倒くさい

紹介した書き込みの中にもあったが、この手のタイプってやっぱり周囲の印象は悪い。むしろ嫌われてしまうことばかりなので、結局いつの間にか孤立してしまうものだ。

中には年輩の人物にその気性を評価されて「最近の若者にしてはなかなかハッキリ物を言うヤツだ、気に入った!」と可愛がられる場合もあるだろう。しかし、年輩の人物って会社であってもどこであっても、いずれいなくなる。

いざ自分を庇護していた存在がいなくなった途端、かねてより反感を抱いていた周囲の反発が一気に爆発し、あっという間に孤立してしまった人、あなたも見たことがないだろうか。

そうでなくても普段からいちいちめんどくさい発言ばかりして、周囲の輪を乱す人間は厄介者扱いされるもの。本人的には、自分が自分の意見をズバズバ言って周囲を納得させた上で黙らせているという感覚なのかもしれないが、実際には「あ、こいつめんどくせ〜」と思われて、それ以上の絡みを断られているだけなのだ。

……もっとも、別に僕は男女間の対立を煽るつもりで、こんな文章を書いているわけではない。今回は紹介したスレッドがたまたまズバズバ言っちゃう系女子が対象だけど、こういうタイプは男性にも大勢いる。

むしろ男性で"ズバズバ言いたいことを口にする、空気が読めないヤツ"の方が厄介な場合もある。女性だから〜、男性だから〜とかではなく、ズバズバ言いたいことを言うような人たち全員が嫌われるのだ。

普段から言いたいことを好き勝手発言して「これが私(俺)だから!」と開き直っている人は、ちょっと注意したほうがいいかも知れない。そういう人って、大抵失敗をやらかしたときに誰も庇ってくれないし、その上自分のキャラに引っ張られてピントの外れた謝罪をしてしまい、さらに反感を買ってしまうものだから。人間、謙遜が大事というわけだ。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)