武井壮、甲子園スパルタ監督の「文武両道はありえない」に猛反論! 「人生はスポーツ、勉強、性格などの総合点で決まる」

武井壮、甲子園スパルタ監督の「文武両道はありえない」に猛反論! 「人生はスポーツ、勉強、性格などの総合点で決まる」

武井壮、甲子園スパルタ監督の「文武両道はありえない」に猛反論! 「人生はスポーツ、勉強、性格などの総合点で決まる」の画像

毎年、甲子園を楽しみにしている人も多いはず。しかし中には不本意な形で出場高校のことが話題になることもある。8月14日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、甲子園出場校監督の「文武両道はありえない」という持論に対して、元アスリートのタレント、武井壮さんが異を唱えた。

番組では日刊ゲンダイが14日付けで報じた、山口県・下関国際高等学校の坂原秀尚監督のインタビュー記事が紹介された。荒れ放題だった野球部を立て直した坂田監督は「文武両道」という言葉が大嫌いだという。野球と勉学の両立について、

「無理です。『一流』というのは『一つの流れ』。例えば野球ひとつに集中してやるということ」

と話し、文武両道は二流だと指摘。また自身が現役野球部員だったときは、日々の練習で野球が楽しいと思ったことはなかったといい「『楽しく』という餌をまかないと(選手が)来ないような学校はちょっと違う」とコメントしていた。

「違う道に進んでも一流になれる力を持たせることが教育」

これに対して武井さんは、まず「『学校の勉強』と『スポーツ』を両方やるのが文武両道というわけじゃない」と発言。スポーツにおける「楽しい」について、

「楽しく、わーって練習することじゃないんですよ。その練習をやったら本当に実力が身に付いて、正しく伸びていけるのが一番の喜びなんですよ」

と話した。自身が陸上で滞りなく記録を伸ばせたのも物理学の勉強をしていたからだといい、「そういう意味での勉学はすごい重要だと思うし、彼(監督)の言ってる『文武両道』ってのはちょっと極端すぎると僕は思います」とコメントしていた。

また超一流選手が「勉強はあまりしていませんでした」というのは「結果の話」だと指摘。勉強ができるトップ選手もいることを挙げ、

「その人たちは例え途中で怪我をしてスポーツ人生が絶たれても多分引く手あまただと思う」
「(プロ野球選手になることが)全て一流なのかと、俺はそういうことじゃないと思うんですね。(略)違う道も一流の歩き方ができるってのが俺は一流だと思ってる。その道に必要な、自分をのばせるものを持たせることが教育だと思う」

と熱弁をふるった。ただ坂田監督について「彼は彼なりに、ただ野球をやらしてるわけではないことも分かる」と述べていたが、「だけどもその中でも全員がプロになるわけでもない」と話した。なお下関国際高校は2回戦敗退となっている。

スポーツも勉強も「やればやるだけ人生のプラスになる武器になんだよ」

この「文武両道」論について武井さんは13日にもツイッターに投稿していた。よく「スポーツで食べていくから学校の勉強なんてどうでもいい」と考えている人もいるが、これに真っ向から反対している。

「学校のテストは必要な知識を他の学生より手にすりゃトップ取れるもんだろ?学校ごとにレベルも違うけど、それってスポーツの地区予選みたいなもんだ。戦うルールと相手分かってて負けるやつなんてスポーツでも勝てねえよ」

また勉強もスポーツも、「やればやるだけ人生のプラスになる武器になんだよ」とし、

「結果スポーツやら勉強、性格や身なり、家族や人間関係や特殊技能、経歴や学歴やら色んなもんの総合点で進んでいい道が決まってくんだよ。何か足りねえものあんなら今のうちだぜ学生たちよ」

と「文武」だけでなく、将来の目標のために必要なものはすべて磨いて置け、とエールを送っていた。これに対してツイッターでは「学生の頃の自分に言ってやりたい一言」「頭が悪いと見えない選択肢、見抜けないバッドエンドは世の中いっぱいある」と賛同する人が相次いでいた。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)