夫婦で助け合うのをやめたくなる言葉 2位「やって当然だよね?」、3位「そんなこともできないの?」

夫婦で助け合うのをやめたくなる言葉 2位「やって当然だよね?」、3位「そんなこともできないの?」

夫婦で助け合うのをやめたくなる言葉 2位「やって当然だよね?」、3位「そんなこともできないの?」の画像

10月15日は「たすけあいの日」、11月22日は「いい夫婦の日」とされている。それに先駆け日本生活協同組合連合会は10月4日、「夫婦の"たすけあい"に関する調査」の結果を発表した。

調査は8月25〜29日にインターネットで実施し、未就学児から大学生までの子どもがいる全国の20〜59歳の既婚男女各500人、合計1000人から回答を得た。夫婦で上手く助け合えていると思うかと聞くと、「非常にそう思う」(15.5%)と「ややそう思う」(51.7%)の合計が67.2%となった。

男女別にみると、男性(72.0%)が女性(62.4%)を9.6ポイント上回り、妻より夫のほうが「上手く助け合えている」と感じている割合が高いことが分かった。

夫はゴミ出しや買い物をしているつもりでも、妻は不満?

「助け合えている」と答えた夫婦の89.0%は、「夫婦仲がいいと思う」と回答。一方で「助け合えていない」と答えた夫婦で「仲がいい」という回答は17.7%に留まった。夫婦仲の良さと日頃の助け合いには関係があるといえそうだ。

具体的にどのようなことで助け合っているのだろう。自分たち夫婦が上手く助け合えていると思うことを聞くと、最も多かったのは「ゴミ出し」(51.0%)。以降「買い物」(39.4%)、「皿洗い」(37.2%)、「子どもとの遊び」(34.6%)、「家計の収入」(33.6%)と続く。

男性は女性と比べ「ゴミ出し」(58.2%、女性43.8%)、「買い物」(45.0%、女性33.8%)、「皿洗い」(47.8%、女性26.6%)、「風呂掃除」(39.8%、女性26.4%)、「部屋の掃除」(33.2%、女性22.8%)で割合が高くなっている。夫としては、これらの家事で上手く助け合えているという意識を持っているようだが、妻からすればそうでもないようだ。

夫婦で助け合う気が失せる言葉「こっちは頑張ってるんだけど!」

男性に「自分はイクメンだと思うか」と聞くと、「非常にそう思う」(9.4%)と「ややそう思う」(33.2%)の合計が42.6%となった。一方、女性に聞くと合計48.0%が「夫はイクメン」と回答しており、妻の評価の方が高いことが分かった。

しかし、家事を積極的に行う「家事メン」か否かについては、男性が35.4%、女性が32.0%と夫の自己評価の方が僅かに高い結果となった。

また配偶者からどのようなことを言われると夫婦で助け合っていきたいと思うかを聞くと、1位は「ありがとう」(49.4%)で、以降「やってもらえて助かった」(33.5%)、「結婚して良かった」(26.2%)、「いつもやってくれてるから今日はやるよ」「あなたがいてくれて良かった」(同25.9%)が上位5位にランクインしている。

一方、どのようなことを言われると夫婦で助け合うことをやめたくなるかを聞くと、1位が「こっちは(仕事や家事を)頑張ってるんだけど!」(29.4%)。次いで「やって当然だよね」(27.7%)、「そんなこともできないの?」(25.6%)、「やればいいんでしょ?」(24.6%)、「疲れてるんだけど」(23.5%)と続いた。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)