大学生が社員に会ってみたいランキング2位「マッキンゼー」、3位「伊藤忠商事」 大手商社と外資が上位独占

大学生が社員に会ってみたいランキング2位「マッキンゼー」、3位「伊藤忠商事」 大手商社と外資が上位独占

大学生が社員に会ってみたいランキング2位「マッキンゼー」、3位「伊藤忠商事」 大手商社と外資が上位独占の画像

ビズリーチは10月10日、大学生が選ぶ「社員に会ってみたい企業」ランキングを発表した。調査は9月22〜27日、同社運営の「ビズリーチ・キャンパス」に登録している2019年卒業予定の大学生・大学院生260人から回答を得た。

「社員に会ってみたい企業」ランキングは以下の通り。

1位「三菱商事」
2位「マッキンゼー・アンド・カンパニー」
3位「伊藤忠商事」
4位「グーグル」
5位「アクセンチュア」

「なぜファーストキャリアとして選んだのか理由を知りたい」(マッキンゼー)

以下、6位「味の素」、7位「ゴールドマン・サックス」、8位「三菱地所」「資生堂」、10位「三井物産」となっている。11位以降は「ボストンコンサルティンググループ」、「JICA(国際協力機構)、「モルガン・スタンレー」、「アマゾンジャパン」、「リクルートホールディングス」と続く。

やはり大手商社が人気のようで、1位「三菱商事」、3位「伊藤忠商事」、10位「三井物産」がトップ10にランクインしている。その理由として、

「魅力的な先輩社員が多いイメージがあるから」(同志社大学3年生)
「グローバル展開について具体的な話が聞きたい」(慶應義塾大学3年生)

というコメントが寄せられている。2位「マッキンゼー・アンド・カンパニー」は、

「数多くの経営者を輩出しているから」(早稲田大学3年生)
「なぜファーストキャリアとして選んだのか理由を知りたい」(東京大学3年生)

という声があがっていた。

「社員がどういう業務を行っているか想像がつかない」(アマゾンジャパン)

5位にランクインしたITコンサルの「アクセンチュア」は2015年から働き方改革に取り組んでいる。在宅勤務制度の全社展開や18時以降の会議の原則禁止など多様な働き方を推進しているという。そのため「ワークライフバランスについて知りたい」(上智大学3年生)など詳しく知りたいという声もあがっている。

また、外資のIT企業には、普段社員があまり表に出てこない企業も少なくない。そのため、

「対外イベントが少なく情報を知る機会が少ない」(グーグル 慶應義塾大学3年生)
「今後大きく成長すると思われるが、社員がどういう業務を行っているか想像がつかない」(アマゾンジャパン 東京大学3年生)

などのコメントが寄せられた。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)