年末年始の連休日数は? 平均6.1日、理想は8.2日 「大晦日も仕事」という人は8%

年末年始の連休日数は? 平均6.1日、理想は8.2日 「大晦日も仕事」という人は8%

年末年始の連休日数は? 平均6.1日、理想は8.2日 「大晦日も仕事」という人は8%の画像

マクロミルは11月14日、年末年始の休暇に関する調査結果を発表した。調査は今年10〜11月にインターネットで実施し、同社モニター会員の20〜69歳の男女1000人から回答を得た。

2017年の仕事納めは「12月29日(金)」(40.5%)、2018年の仕事始めは「1月4日(木)」(45.0%)がスタンダードのようだ。

年末年始にしたいこと「睡眠」「DVD観賞」 一方「仕事をする」という人も

「まだわからない」(18.0%)と回答した人を除くと、仕事納めは、2位以降「12月28日(木)」(33.3%)、「12月31日(日)」(8.0%)、「12月30日(土)」(6.7%)。仕事始めは「1月5日(金)」(26.0%)、「1月9日(火)以降」(10.0%)、「1月3日(水)」(5.7%)となっている。

年末年始の連休日数を聞くと平均は6.1日だが、理想は平均8.2日と約2日差がある結果となった。

また休暇が取れたらしたいことを聞くと、1位は「テレビを観る」(48.3%)だった。以降「初詣に行く」(46.1%)、「大掃除をする」(42.7%)、「おせちを食べる」(40.3%)といった"年末年始ならでは"のことを挙げる人が多かった。

他にも「睡眠をたっぷりとる」(35.2%)、「自宅でDVDや動画を観る」(23.2%)などリフレッシュに当てる人もいれば、少数だが「仕事をする」(3.9%)、「短期アルバイト」(1.8%)という人もいた。

「おせち」は7割が「食べる」と回答

年末年始に使うお金の予算は、固定費を除いて「1〜2万円未満」(23.2%)が最も多く、「2〜3万円未満」(16.1%)、「4〜5万円未満」(16.8%)で、平均額は3万6131円となった。

年末年始のセールについて聞くと「絶対に行く」「たぶん行く」の合計が、年末セールでは23.5%、初売りセールでは31.2%となっている。しかし「たぶん行かない」「絶対に行かない」の合計は各59.9%、54.2%と半数以上が回答している。

おせちについては「絶対に食べる」(25.3%)、「たぶん食べる」(41.8%)の合計が67.1%で、7割近くが食べるようだ。なおおせちは「店舗で買う」(45.9%)が最も多く、次いで「手作り(自分以外)」(39.2%)、「手作り(自分でつくる)」(26.1%)となっている。予算は「1〜2万円未満」(44.9%)と回答した人が最も多かった。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)