関西最大級の猫フェス「ネコ市ネコ座」、神戸で開催 利益の1割を保護猫のために活用

関西最大級の猫フェス「ネコ市ネコ座」、神戸で開催 利益の1割を保護猫のために活用

関西最大級の猫フェス「ネコ市ネコ座」、神戸で開催 利益の1割を保護猫のために活用の画像

保護猫カフェ「ネコリパブリック」を運営するネコリパブリックは12月16〜17日、イベント「ネコ市ネコ座」を兵庫県・神戸KIITOで開催する。

同イベントは、猫グッズの販売や猫に関する展示を行う関西最大級の猫フェスだ。収益の1割は同社運営の保護猫カフェ運営費や保護猫のために活用される。つまりネコ市ネコ座で使ったお金が、保護猫のためにもなる、ということだ。

「猫のおかれた悲しい現状や、解決策を、楽しみながら知ってもらいたい」

「ネコ市」会場には猫グッズを扱う120店舗以上が出店し、メインステージでは、ご当地猫キャラが登場。ほかにも、猫アーティスト・むぎ(猫)の単独ライブや女優・杉本彩さんを招いての猫に関するトークセッションなどが行われる。

また保護猫と保護主との架け橋となる「里親募集掲示板」も設置される。里親を募集している100匹以上のポスターが掲示される。ポスターには写真・年齢・性格・譲渡条件などが記載されている。

2階の「ネコ座」会場では、「猫とのしあわせな暮らし」をテーマに、殺処分ゼロに必要なことなどを学べるなどの展示が行われる。中近年の猫ブームに伴う「ネコノミクス」で2兆円もの経済効果生みだされているというが、今回のイベントは収益の一部が猫の命を救う活動に充てられる。

同社は「ネコ市ネコ座」について

「猫とニンゲンとが共生し、幸せに暮らせる社会の実現のために、この世のすべての猫が幸せになるように、猫のおかれた悲しい現状や、猫問題の解決策を、楽しみながら知ってもらうキッカケとなる場」

と説明している。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)