女子中高生が将来就きたい仕事1位「医療・福祉」 働く上では「休暇制度」を重視

女子中高生が将来就きたい仕事1位「医療・福祉」 働く上では「休暇制度」を重視

女子中高生が将来就きたい仕事1位「医療・福祉」 働く上では「休暇制度」を重視の画像

GMOリサーチは12月25日、女子中高生とその母親世代の「働き方改革に関する意識調査」の結果を発表した。調査は今年12月に実施し、11〜18歳の女子中高生595人と、女子中高生の娘を持つ30〜59歳の有職女性600人から回答を得た。

女子中高生に「将来就きたい業種」を聞くと、上位5位は以下の通り。

1位「医療・福祉」(23.2%)
2位「教育」(18.7%)
3位「広告・出版・デザイン」(15.8%)
4位「サービス・レジャー」(10.4%)
5位「マスコミ・報道・メディア」「フード」(同9.7%)

母親に「娘に将来就いてほしい業種」をたずねると、1位は中高生同様「医療・福祉」(29.8%)。しかし2位以降は「官公庁・公社・団体」(27.3%)、「メーカー」(13.7%)、「教育」(13.3%)、「学術研究・技術」(12.5%)となっている。

女子中高生が働き方改革に期待すること「誰もが活躍できる」「私生活にも時間を割ける」

女子中高生に「将来働く上で重視する点」を聞くと、「休暇制度」(52.6%)、「勤め先の安定性」(50.6%)が過半数となり、次いで「勤務時間帯」(43.0%)、「通勤時間」(34.8%)、「育児支援」(30.3%)と続く。

「働き方改革」の認知率は、女子中高生は57.0%。母親の70.7%より大きく下回っている。また女子中高生に「働き方改革による家庭の変化」を聞くと、「特にない」(89.1%)が最も多かった。

「父親・母親が早く帰ってくるようになった」は4.7%しかおらず、これでは改革の実感がわかないのが当然だろう。ただ、「働き方改革に関心があり、そういった制度を取り入れている企業で働きたい」という女子中高生は36.6%と約4割に上っている。

また、働き方改革を認知している人に「働き方に期待すること・必要だと思うこと」を訪ねると女子中高生、母親ともに、

「性別・年齢・障がいの有無などに関わらず活躍できる会社になる」(女子中高生57.5%、母親38.2%)
「残業が少なくなる」(50.4%、39.4%)
「有給休暇が取りやすくなる」(49.9%、48.6%)
「始業・終業の時間が柔軟に決められるようになる」(31.0%、37.7%)

が上位4位に挙がった。特に女子中高生は誰もが活躍できる環境と、仕事だけでなくプライベートにも時間を割くことができる環境が必要だと考えているようだ。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)