「給料が低すぎて悲しくなる」という女性の投稿に共感多数 「月10万円届かず…どうやって生きていこうか」「彼氏の手取りも14万円」

給料が手取り15万円と落胆する保育士の投稿が話題 共感が相次ぎ「月収10万円」の声も

記事まとめ

  • ガールズちゃんねるで、給料が手取り15万円と落胆する保育士のトピックが立った
  • このトピックに、介護職や保育士から重労働に対して給料が安いとの訴えが多数出ている
  • 中には、月収10万円未満とのコメントもあり、自立が難しい現状が浮き彫りになっている

「給料が低すぎて悲しくなる」という女性の投稿に共感多数 「月10万円届かず…どうやって生きていこうか」「彼氏の手取りも14万円」

「給料が低すぎて悲しくなる」という女性の投稿に共感多数 「月10万円届かず…どうやって生きていこうか」「彼氏の手取りも14万円」

「給料が低すぎて悲しくなる」という女性の投稿に共感多数 「月10万円届かず…どうやって生きていこうか」「彼氏の手取りも14万円」の画像

12月25日、日経平均株価が今年の最高値を更新し、このままの調子でいけば、6年連続の株価上昇が見込まれるという。景気は上昇傾向だと言われているが、多くの働く人にとってその実感は薄い。

12月半ばの女性向けコミュニティサイト・ガールズちゃんねるには「今の給料が低すぎて悲しくなるひと」というトピックが立っていた。トピ主はアラサーの現役保育士で、日々の保育はもちろん諸々の管理・雑用をこなして手取り15万円。「明細を見て、がっかりしました」と肩を落とす。同じような経験がある人を募ると、共感や嘆きのコメントが相次いだ。(文:okei)

「こんなに少ない総支給額からまた引くの? もうやめて!」

レスコメントには、「はーい! 介護福祉士です。 夜勤5回やって手取りで15万でした」を始め、介護職や保育士からは「重労働で責任が重い割に給料が安い」という訴えが多数上がっている。

「1日9時間近く働いて手取り10万。人間関係最悪でボーナスもなし。つらい。転職したいけど田舎だから給料高いとこなかなかない」

中には、「障がい者枠パートなので時給800円。 月10万円届かず… どうやって生きていこうか」など、自立が難しい現状も浮き彫りに。書き込みは、10万に満たない人から12万、15万という人が多いようだった。

また、給料明細を見て手取り額にがっかりするというよりも、所得税、住民税、社会保険など引かれているものを見て「本当にため息が出る」という嘆きも。

「こんなに少ない総支給額からまた引くの? もうやめて!って思う」

という訴えに、筆者も果てしなく共感する。もともと少ない給料から、ごっそり引かれる悲しさよ。

「旦那の給料が上がらない」「将来の事を考えると結婚できるか不安」

女性の場合は給料が安くてどうしようもないとき「結婚」の二文字が浮かぶだろうが、こんな声が悲しさに拍車をかける。

「旦那の給料が上がらない。40前なのに未だに20万前半です」
「彼氏が介護職員です。4万くらい引かれて14万くらい… 1人暮らししたいと言いながら ずっと実家暮らし。将来の事を考えると結婚できるか不安」

今どきは、男性に頼って結婚という道も険しく危ういのだ。

ただ、景気回復で人手不足が叫ばれていることもあり、企業も賃金アップをしていなわけではない。以前キャリコネニュースでも伝えたが、厚生労働省が11月に発表した「賃金引上げ等の実態に関する調査」によると、2017年に「1人平均賃金を引き上げた」、「(年末までに)引き上げる」と回答した企業は、過去最高の87.8%に上ったという。

賃上げしている企業は多いが、金額的には少ない、もしくは全体には行き渡っていないのだろう。同調査では、建設業では改定額が8000円を超え、宿泊・飲食サービスは3040円にとどまっている。

また、調査対象は「従業員が30人以上の製造・卸売・小売業の企業」と、「従業員100人以上の企業」だ。30人未満の小さな会社や、パートなどの非正規雇用は含まれていない。サービス業や非正規雇用が多い女性は、いっそう賃上げなど実感しにくい状況にあるのではないだろうか。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)