働く女性の転職理由2位「将来への漠然とした不安」、3位「仕事内容への不満」 20代は「残業時間の増加」も引き金に

働く女性の転職理由2位「将来への漠然とした不安」、3位「仕事内容への不満」 20代は「残業時間の増加」も引き金に

働く女性の転職理由2位「将来への漠然とした不安」、3位「仕事内容への不満」 20代は「残業時間の増加」も引き金にの画像

エン・ジャパンは12月26日、「転職のきっかけ」をテーマにしたアンケート結果を発表した。調査は今年10〜11月にインターネットで実施し、同社運営の「エンウィメンズワーク」を利用する女性404人から回答を得た。

転職を考えるきっかけを聞くと、1位「給与・待遇への不満」(59%)で、具体的には、

「昇格しても給与面で変化はほぼなく、仕事量が増えたため」(27歳)
「年功序列制で評価体制がハッキリしておらず手当も手薄なので、給与面で将来の不安を感じた」(29歳)

という声が寄せられた。

「他にやりたい仕事が見つかった」という人は1割以下

2位は「将来に対する漠然とした不安」(47%)で、派遣社員で働く42歳の女性からは

「業務内容・職場環境ともに申し分ないが、コストダウンの波が激しく、いつ派遣切りに合うかわからず不安がある」

という声も。また36歳の女性からは「子供たちが大きくなり、手がかからなくなったので自分の時間が増えてきたが、今の職場だと扶養内でしか働けないのでもっと働けるところにいきたい」という声もあがっている。

3位は「仕事内容への不満」(36%)で、「転職した会社の仕事内容が求人と異なっていた」(32歳)、「合併に伴い仕事内容が庶務的なものになり、将来的にスキルアップが見込めない」(46歳)という理由が出ている。

4位以降、「職場の雰囲気の悪化」(26%)、「人間関係の悪化」(22%)、「体調の悪化」「残業時間の増加」(16%)など労働環境に関する項目が続く。一方、「他にやりたい仕事が見つかった」(9%)、「妊娠・出産・育児」(6%)、「結婚」(5%)は1割以下となった。

年代別に見ると、20代は「仕事内容への不満」(46%)、「残業時間の増加」(30%)、「体調の悪化」(27%)という回答が他の年代と比較して高い。30代は「妊娠・出産・育児」(11%)が全年代の中で最も高かった。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)