「次元を問わず利用可」スルガ銀行の「サブカルローン」が話題に 「ネタだと思ったら本当にあった」

スルガ銀行の「サブカルローン」話題 グッズ購入や同人誌製作など「次元を問わず可」

記事まとめ

  • 静岡県に本店を構えるスルガ銀行の「サブカルローン」がネットで話題を呼んでいる
  • 同人誌製作など、「サブカル関連の専用カードローン」で「次元を問わず利用可」とも
  • 同行のサイトには「世界中のサブカルなお宝を集める冒険家」の「須流加秀一」なども

「次元を問わず利用可」スルガ銀行の「サブカルローン」が話題に 「ネタだと思ったら本当にあった」

「次元を問わず利用可」スルガ銀行の「サブカルローン」が話題に 「ネタだと思ったら本当にあった」

「次元を問わず利用可」スルガ銀行の「サブカルローン」が話題に 「ネタだと思ったら本当にあった」の画像

静岡県に本店を構えるスルガ銀行の「サブカルローン」がネットで話題を呼んでいる。グッズ購入や同人誌製作、遠征費用など、「サブカル関連の専用カードローン」で、「次元を問わず利用可」とある。

同じ名称の商品(イオンアシストプラン)はイオン銀行にもあるが、イオン銀行のサイトが一般的な金融商品の紹介ページなのに対し、スルガ銀行のサイトには「世界中のサブカルなお宝を集める冒険家」の「須流加秀一」や、彼の助手である、猫の「猫柳ニャ介」などのキャラクターがいて、漫画やイラストをふんだんに使って説明がされるなど、かなり力が入っている。

正式な商品名ではなく、中身は銀行の個人向けカードローンそのもの

商品サイトには現在、3種類の漫画が掲載されている。同人誌の製作費用に頭を悩ませる少年「星狩満」が、須流加秀一や猫柳ニャ介から

「お金のことならサブカルローンでなんとかなるじゃないか!」
「サブカルローンは同人誌の製作や購入もばっちりサポートですニャ」

と言われるバージョンのほかに、「各種ライブ・イベントへの遠征費用」版、「レトロゲーム・ゲームグッズ購入費用」版がある。「コスプレ衣装装備製作費用」「フィギュア購入費用」などの残り5種類は「coming soon」となっている。今後も追加されていくようだ。

過去にはコミケでチラシも配られたようだが、ネットでは初めて知った人から「ネタかと思ったら本当にあった」「冗談じゃないんだ」などの声が出ている。名前のキャッチーさから、にわかに信じられない人が続出しているようだ。

ただしこの「サブカルローン」、実は正式な商品名称ではなく、同行が提供する「リザーブドプラン」という個人向けカードローンの、1つの使い道の例を出しているに過ぎない。リザーブドプランの商品概要説明書には、使い道は「自由」と記載されており、実際のところ、借りたお金をサブカルの軍資金にしてもしなくても構わないようだ。

利用できる条件も、一般的な銀行カードローンと変わらない。サービスに申し込めるのは、契約時に20歳以上70歳以下で安定した収入がある人、借入金額は10万円以上〜800万円、利率は年3.9%〜14.9%となっている。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)