子どもの犯罪、どこまで親の責任? 大竹まことの謝罪会見に「必要ある?」と疑問続出

子どもの犯罪、どこまで親の責任? 大竹まことの謝罪会見に「必要ある?」と疑問続出

子どもの犯罪、どこまで親の責任? 大竹まことの謝罪会見に「必要ある?」と疑問続出の画像

タレントの大竹まことさん(68)の長女(28)が大麻取締法違反で逮捕されたことを受け、2月1日に会見が開かれた。大竹さんは「一生懸命に育てたつもりですが、十分に過ごす時間が少なかったことは否めません。親の監督が不行き届きであったと思います。お詫び申し上げます。本当に申し訳ございませんでした」と頭を下げた。

芸能人の子どもが犯罪を起こした場合、親が謝罪会見を開いたり、活動を自粛するケースはこれまでも多くあった。最近では清水アキラさんや高畑淳子さんが記憶に新しい。

しかし、既に成人し、独立している子どもの犯罪を親が謝らなければならない風潮には疑問の声も出ていて、ネットでは今回も、「大竹さんが謝る必要ある?」などの意見が多く出ていた。

荻上チキ氏「成人した娘の行いを世間などに謝罪する必要はない」

ヤフーニュースのコメント欄には、「28歳。立派な大人で社会人。親に責任はないと思う」「そもそも会見の必要あるか?」など、大竹さんを擁護する多数の書き込みがあった。

ホームレスなどの社会的弱者の支援を行うNPO法人ほっとプラスの代表理事の藤田孝典さんも同欄で「当たり前ですが成人した子どもが違法行為や逸脱行動をした場合の責任は本人にあります。今回もなぜ親が謝罪や釈明を求められるのか、理解し難い状況です」と書き込み、

「成人した個人の処遇やあり方について、対応を家族、血縁に委ねるのではなく、社会が考えていく時期に来ているのではないかと思います」

と、子どもの行動の責任を親が取る風潮に疑問を投げかけた。評論家の荻上チキさんもツイッターで

「成人した娘の行いを『世間』などに謝罪する必要はない。『公人』だからといって説明義務はないし、むしろ家族責任の風潮を高めてしまうため不要。『〇〇の娘が逮捕』などと絡めて報じるメディアの方がおかしい」

と指摘した。

娘のプライベートを多く語らなかったことは「筋が通ってる」と高評価

大竹さんは会見で、逮捕された長女の仕事内容の質問に「一般人ですから、私もどこまで話していいのか」と迷う様子を見せ、「大学を出たあと、自分の希望する仕事に就けたようです。その会社で6年間働いておりました」と、詳細については語らなかった。

長女の交友関係などプライベートな質問が飛んだ際にも、「私は公人ですのでこういう場所で話す責任もあると思います。娘がこの業界にいたらもちろんそのようなことも申し上げなければいけないと思いますが、どうでしょう。どうしてもと仰るならお答えさせていただきますけれど」と報道陣に問いかけ、質問を取り下げさせる一幕もあった。こうした対応については、「言ってることは筋が通ってる」と、一定の評価を受けていた。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)