転職失敗で年収半減した40代高学歴男性 「自分のやりたいこと」を追求して、仕事も家族も失うことに

転職失敗で年収半減した40代高学歴男性 「自分のやりたいこと」を追求して、仕事も家族も失うことに

転職失敗で年収半減した40代高学歴男性 「自分のやりたいこと」を追求して、仕事も家族も失うことにの画像

総合力が求められる時代といわれても、やはり根強い学歴重視の風潮。就職で有名企業に入るとなると、やはり旧帝大や早慶といった上位校の学生であることが依然として重要な要素になってきます。

しかし中には、大手企業に就職して安泰かと思いきや、想定外の人生を歩んでいる高学歴男性もいるようです。都内国立大学の経済学部から、大手金融に就職した三上遥斗さん(仮名・40代)。30代前半で結婚、2人の子どもにも恵まれて、順風満帆な人生を歩んできました。ところが、三上さんの心の奥では、長年に渡り違和感が渦巻いていたとのこと。(取材・文:千葉こころ)

年収700万円でも人生モヤモヤ、三流大卒でもイキイキ働く同級生に触発され……

「何の不満もないはずなんですけど、入社して5年くらい経ったころから、『本当に自分のやりたい仕事なのか?』『このまま一生を終えていいのか?』って、漠然と思うようになったんです。それでも、周りに比べれば恵まれた人生。モヤモヤしながらも働き続けるうちに、結婚し、子どももできて、こんなもんかなって納得するようになりました」

やりがいを感じることもなく、「家族のため」と割り切って仕事に向かう日々。それでも、30代で700万円近い年収を手にしていたことで、なんとか乗り切れていたといいます。

そんなある日、高校時代の同窓会へ参加。するとそこで、モヤモヤの原因が判明します。

「趣味を仕事に活かしているヤツがいて、その目の輝きで気づきました。やっぱり、好きなことを仕事にするべきなんだって」

三流大学卒の友人でも、こんなに生きがいを感じられる会社に巡りあえている。自分なら、学歴を活かしてもっといい就職先が見つかるかもしれない。そんな思いを抱いた三上さんは、転職を考えるように。その後、40歳を迎えて間もなく、会社が募った早期退職にエントリーして、第2の人生を歩む決意をしました。

難航する再就職「学歴とキャリアですぐに決まると思っていた」

数千万円の退職金があれば、当面の生活は不自由しない。そんな思いもあり、退職してからスタートした再就職活動。しかし思いのほか難航してしまいます。

「ずっと興味のあったクリエイター系とキャリアコンサルタントを中心に探したのですが、面接までこぎつけたのはほんの一握り。内定をもらえたところも2社ありましたが、どちらも驚くほど年収が低くて、家族を養う身としては辞退するしかなく……。就職先が決まらないまま、あっという間に半年が過ぎました」

学歴と前職のキャリアがあれば、すぐに希望する会社へ就職できると思っていた三上さん。ところが実際は、業種違いでキャリアは活かせず、学歴も二の次扱い。さらに年齢がネックとなってしまい、なかなか思い通りの仕事とマッチングしません。そのうち、家族の我慢も限界に。離婚を突き付けられ、退職金の残りも慰謝料として妻の手に渡ってしまいました。

「仕事もない、貯金もない、家族もいない。あんなに頑張って手にした学歴も活かせない。これまでの人生は何だったのでしょうか? もしあのまま留まっていたら……って、つい考えてしまいます」

「年収は400万円ほどで、家賃6万円のワンルームにひとり暮らし」

離婚後、希望年収を下げたことでようやく再就職を果たしましたが、望んだ職種とはまったくの別業界。しかも、人間関係のもつれから1年足らずで退職してしまいます。その後も2つの会社を渡り歩き、現在は個人経営の孫請け会社で製品加工をしているそうです。

「今は学歴が恥ずかしく感じるくらい、みすぼらしい生活ですよ。年収は400万円ほどで、家賃6万円のワンルームにひとり暮らし。養育費も払っているので生活は苦しいです。でも、これは一時的なものだと信じています。学歴がすべてとは言いませんが、やはりプライドがあるので、今でも秘かに就職活動はしています」

確かに、キャリアを構築する上で学歴は大事ではありますが、他業界への転職となると事前の情報収集が非常に重要になってきます。三上さんの場合も在職中に次の会社が決まっていればベストでしたが、せめて早期退職に応募する前に、本当に希望の業界へ転職できるのか、転職できたとして自分はそこで通用するのか、といったことを入念に調べた方がよかったかも知れません。転職は計画的に進めたいものです。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)