みんなのSNS黒歴史「ポエムっぽいもの書いてた」「ヤンキー語でホームページ作成」「大文字と小文字組み合わせて『ぁたしゎ』」

みんなのSNS黒歴史「ポエムっぽいもの書いてた」「ヤンキー語でホームページ作成」「大文字と小文字組み合わせて『ぁたしゎ』」

みんなのSNS黒歴史「ポエムっぽいもの書いてた」「ヤンキー語でホームページ作成」「大文字と小文字組み合わせて『ぁたしゎ』」の画像

若年層リサーチを行うTesTee Labは10月1日、SNSに関するアンケート結果を発表した。調査は今年9月に実施し、男女1367人から回答を得た。

各SNSを利用した経験を見ると、「mixi」は10代が10.9%なのに対し、20代で58.9%、30代で68.2%と半数以上となった。また、ガラケー時代に人気を誇った「前略プロフィール」は20代の27.7%に利用経験があるのに対し、10代は1.1%に留まった。同サービスは2016年に終了している。

「魔法のiらんどで小説投稿」「学校の先生の裏アカ発見。ポエムが書いてあった」

「ツイッター」の利用率は10〜20代で75%程度。30〜40代は4割と差がついた。「インスタグラム」も10〜20代では7割が利用する一方、30代で6割、40代で4割と、年齢が上がると共に下がっている。「フェイスブック」は20〜30代での利用率が約半数と高かった。「LINE」は、各年代9割以上が利用している。

ブログや日記、小説・イラストなどを閲覧・投稿できるサービスも一種のSNSとみなし、利用経験を聞いた。携帯小説『恋空』などで有名な無料ホームページ作成サイト「魔法のiらんど」は、20代が32%、30代が20.4%なのに対し、10代は11.7%となった。なお、現在の利用率は各年代で数%程度となっている。

SNSには黒歴史が付き物だ。自身が黒歴史だと思うSNSでのエピソードを聞くと、

「魔法のiらんどなどで小説を書いていた」(24歳女性)
「中学生時代のホームページをヤンキー語で書いていたこと」(23歳女性)
「過去にmixiでポエムっぽいものを載せていた。今考えると恥ずかしい」(32歳女性)
「小文字のある文字は小文字を使って『は』は『わ』を使っていた。ぁたしゎ←みたいな感じ」(26歳女性)

など日記やブログに関する回答が多く寄せられた。端末変更やパスワードを忘れたことにより「アカウントにログインできず削除できない」という声も見られた。

その他のおもしろエピソードとしては

「学校の先生のTwitterの裏垢を見つけた。ポエムが書き綴られていた」(15歳女性)
「LINEで恋人に送るメッセージを間違えて友達に送ってしまった」(29歳女性)
「SNSで『友だちになりましょう』と連絡がきて、やりとりしているうちに兄だとわかった」(29歳女性)

などが寄せられた。裏アカや誤爆に関する声が多い。

復活してほしいSNS 10代「Vine」、20代「ふみコミュ」、30代以上「スタービーチ」など

「普段なら巡り会えないような人とも意見の交換をできる」「遠くに住んでいる友達、家族の近況をリアルに感じられる」とSNSのメリットを評価する声があった一方で、「通知やタイムラインがたまりすぎた」「いいねをしないといけない気がする」など、SNS疲れを感じる声も少なくはなかった。

なお、復活・流行してほしいSNSを聞くと、10代は「Vine」「ミュージカリー」、20代は「mixi」「ふみコミュニティ」「チャットワールド」「前略プロフ」、30代以上は「ゆびとま」「スタービーチ」「友達ネット」「ご近所さん」などのサービスが挙げられた。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)