日大が8年連続トップ「社長の出身大学ランキング」 上位は都内の有名私大が独占

社長の出身大学ランキング、日本大学が8年連続1位 これまでに2万2183人の社長輩出

記事まとめ

  • 東京商工リサーチが社長の出身大学ランキング(2017年)を発表、トップは日本大学
  • 日大の1位は8年連続で、同大がこれまでに輩出した社長の数は2万2183人に上る
  • 2位は慶應義塾大学、3位は早稲田大学、4位明治大学、5位中央大学、6位法政大学だった

日大が8年連続トップ「社長の出身大学ランキング」 上位は都内の有名私大が独占

日大が8年連続トップ「社長の出身大学ランキング」 上位は都内の有名私大が独占

日大が8年連続トップ「社長の出身大学ランキング」 上位は都内の有名私大が独占の画像

東京商工リサーチは10月9日、社長の出身大学ランキング(2017年)を発表した。トップは、調査開始以来8年連続で日本大学。来年創立130周年を迎える同大は、約116万人の卒業生を抱え、これまでに輩出した社長の数は2万2183人に上る。

2位は慶應義塾大学の1万918人。3位は早稲田大学の1万696人だった。

東日本ではほとんどの都県で日大出身社長が最多

調査の対象になったのは、東京商工リサーチの企業データベースに掲載された約480万社で、各社の代表者の、公開されている出身大学を集計した。大学が名称変更、統合している場合は、現在の大学名で集計した。

4位明治大学(8866人)、5位中央大学(8146人)、6位法政大学(6505人)と東京都内の私立校が上位を独占した。関西圏からは、7位に近畿大学(5966人)、9位同志社大学(5082人)、10位関西大学(3988人)の3校がランクインした。

国公立大学では、11位の東京大学(3878人)が最も多く、次いで21位の京都大学(2489人)、22位の大阪大学(2414人)となった。

企業所在地の都道府県別に見ると、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県といった首都圏を皮切りに、秋田県や長野県などの東北、中部地方でも日大出身者がトップに。東日本で日大がトップではないのは、北海道大学出身の社長が多い北海道や岩手県(岩手医科大学)、宮城県(東北学院大学)の3県のみだった。

西日本では、地元の大学出身者が社長になることが多く、京都府では同志社大、大阪では近畿大、兵庫では甲南大、沖縄では琉球大がトップになっている。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)