転職活動で困ること、1位「自分のアピールポイントがわからない」 「面接日に休めない」「家族の理解が得られない」という声も

転職活動で困ること、1位「自分のアピールポイントがわからない」 「面接日に休めない」「家族の理解が得られない」という声も

転職活動で困ること、1位「自分のアピールポイントがわからない」 「面接日に休めない」「家族の理解が得られない」という声もの画像

エン・ジャパンは、11月8日、 「転職活動」についての調査結果を発表した。調査は今年9 月〜10 月にインターネットで実施し、「エン転職」利用者の1万663人(うち転職経験者は7130人)から回答を得た。

「在職中に転職活動を行なうか」については、86%が「行なう」と回答。「無職の期間を作りたくないから」(28歳男性)、「次の会社を事前に決めておくほうが、経済面でも安心できる」(35歳女性)という理由が寄せられた。

8割以上が「「在職中に転職活動を行なう」と回答

「在職中には転職活動を行なわない」と答えた人からは、「現職の仕事も転職活動も、両方疎かにしたくないから」(26歳女性)、「転職活動に集中し、内定後は速やかに入社したいから」(30歳男性)という意見が挙がった。

転職経験の有無を聞くと、67%が「転職経験がある」と回答。転職活動の期間について、転職経験がない人に「必要だと思う期間」を聞いたところ、「1〜3か月」が55%、「1か月以内」が5%で、合わせて60%の人が3か月以内と回答した。

一方、転職経験がある人に「実際にかかった期間」を聞いたところ、「1〜3か月」が52%、「1か月以内」が21%で、合わせて73%の人が3か月以内と回答した。実際の転職活動は、転職経験がない人が考えるよりも短期間で行なわれていることが明らかになった。

実際の転職活動でかかった期間を年代別に聞くと、「1ヶ月以内」は、20代で29%、30代で19%、40代以上で18%、「1〜3ヶ月」は20代で53%、30代で53%、40代以上で49%と、年齢が若いほど転職活動の期間が短いことがわかった。

「転職活動で困ること」と聞くと、1位は「自分のアピールポイントがわからない」(43%)、2位は「自分の適性がわからない」(43%)、3位は「自分のやりたいことがわからない」(39%)だった。上位3位までの項目については、20代の回答が特に目立った。

「現職が大企業なので転職することを家族に反対される」と苦悩する声も

「転職活動で感じた悩み」として、様々なコメントが寄せられた。

「待遇面などは、クチコミサイトの情報からでないと実態がわからない。クチコミ情報がない会社は情報を得ることすら難しい」(30歳男性)
「資格や特技などが、選んだ職種に関わりがあればアピールする自信があるが、関わりのない職種の場合、自身のアピールポイントが明確にできない」(31歳男性)
「現職では、平日の休みは1ヶ月前に申請しないといけないため、面接日を指定されてもなかなか合わなかった。結局、企業からの連絡が途絶えてしまった」(34歳女性)
「現職が大きな会社なので、転職活動について、家族の理解がなかなか得られない」(39歳男性)

「転職活動で困ったときの解決方法」についてもいろいろな意見が挙がった。

「転職は初めての経験で、尚且つ現職場の方々には相談しにくいという点がありました。インターネットを活用することで、対策や第三者の体験談などを色々と知ることができました」(24歳男性)
「転職経験のある先輩や、転職活動中の友人に、転職活動の進め方や決まるまでの期間、自分に合った仕事の探し方などの話を聞いた。体験談なのでわかりやすく、安心感もあった」(25歳女性)
「前職の経験を整理して、PRする際の順番を業種によって入れ替える。企業が求める経験が一番印象に残る内容にした」(27歳男性)

インターネットや転職経験者から情報や体験談を収集することが問題解決に役立つようだ。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)